20代から30代のための仕事相談所

ジョブリン

就職活動中の悩み

転職する時にスキルなし、自信なしでもOKな理由

投稿日:

現在の仕事から転職したいと考えているけど、スキルや自信が無く転職を決断出来ていない人はかなり多いのではないでしょうか。

確かに中途採用となる転職は新卒とは採用基準が異なり、スキルを活かした即戦力を求めている為、決して簡単なことではないことは事実です。

しかし結論から言えば、スキルが無くても転職は可能です。

今回は現在の転職市場に焦点を当てて紹介していき、スキルや自信が無くても転職出来る方法について紹介していきたいと思います。

 

スキルを求める割合

 

まずは転職市場において企業が求めている人材について見ていきましょう。

 

【採用企業が転職者へ期待するもの】

 

・経験職種での専門知識・専門スキル 73.0%

・新しい環境でも主体的に動ける行動力 52.0%

・経験職種でのスキルの転職先企業への汎用化 31.0%

・マネジメント力 29.0%

・慣習に捉われない柔軟な思考 31.0%

・異なる背景を持つ方とのコミュニケーション能力 17.0%

データ元:エン・ジャパン 異業種転職の実態調査

 

このデータからやはり中途市場では7割以上の企業が知識や経験等のスキルを求めていることが分かります。

やはり1日でも会社へ利益を生む即戦力を中途採用は欲している訳です。

このような背景から「転職は難しい」と自信を失っている人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、転職で求められるものはスキルだけではありません。

「主体的な行動力」や「柔軟な思考」、「コミュニケーション能力」等の専門スキル以外の部分も企業にとっては非常に重要な判断基準となっています。

その為、一概にスキルだけが採用可否に繋がっている訳ではないことについてはここで理解して頂いてもらいたいと思います。

 

スキル以上に企業が重要視しているもの

 

業界知識や経験、語学等が一般的に転職に有利に働くスキルと言われていますが、実はスキル以上に企業が求めているものがあります。

 

それは「適応力」と「コミュニケーション能力」です。

 

適応力

どんなに知識や経験等のスキルが豊富で即戦力と期待されて入社した人でも、転職先で活躍出来ない人も意外と多いのです。

その理由は自分のスキルに対する自負や前の会社との比較により新しい会社のやりかたや環境に対応出来ない為です。

 

例え未経験で入社した人でも前の会社との違いを受け入れられる、新たな業界や会社に興味関心を持つことが出来る適応力を持った人の方が圧倒的に会社にとっては戦力となる存在となる可能性が高いでしょう。

 

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力も非常に重要です。

特に企業に勤めていれば取引先とのやりとり等、様々な人と日々接していかなければなりません。

そこで自分の伝えたいことを的確に伝える、相手が話している意味、意図を理解することは必ず必要となります。

 

企業は面接の際、必ずこの二点については確実に着目している点となる為、しっかり押さえた上で転職活動に臨めば、転職の可能性は広がります。

また他にも自分がアピール出来る点に関して自己分析を行うことも転職成功においては非常に大事なことです。

 

 

転職は難しいものと開き直る

転職に対して自信が無い人の多くは、転職先が見つからないことに対して不安を持っている人が多いかと思います。

まずはそのイメージを払拭する必要があります。

実際に転職業界大手のDODAによれば、転職者の平均応募社数は17.7社。

それだけ転職は厳しい世界で、応募数を増やさなければ内定には繋がりません。

どんなに高い知識や経験を持っている人も同様であり、誰もが不安を持って転職に臨んでいるのです。

しかし考え方を変えれば、20社近く受ければ、あなたと一緒に頑張ろうと思ってくれる会社に出会えることになります。

その為、「転職は落ちて当然。内定の会社が縁のある会社」と開き直ることで、少しは肩の荷もおり、自然体で転職活動を行うことが出来るのではないでしょうか。

 

 

転職エージェントの活用

 

実際にスキルがないこと、自身がないことを負い目に転職したくても踏み切れていない人は転職エージェントを活用することをお勧めします。

転職エージェントとは専任のキャリアアドバイザーがキャリアに対する相談やあなたに合った求人を紹介してくれる職業紹介サービスのことを指します。

 

キャリアアドバイザーは言ってみれば「転職のプロ」です。

転職のプロに相談してみることで、あなたが気づくことが出来ないスキルや向いている仕事について的確なアドバイスをもらうことが出来るでしょう。

 

私も転職を行った際は転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーと二人三脚で転職活動を行い、希望の会社へ転職することが出来ました。

勿論、求人紹介の魅力も大きいですが、なにより細かいフォローや気軽に相談が出来る存在が精神的に大きな支えとなっていました。

 

現在在職中でも転職エージェントに登録することは可能なので、もしあなたが転職について考えているのであれば、一度相談してみることをお勧めします。

 

まとめ

今回はスキルや自信がない事を理由に転職に踏み切れていない人の転職について紹介してきました。

難しいや厳しいといった印象が強かった転職に対して、少しはイメージが変わったのではないかと思います。

近年の転職市場の活発化、アベノミクスによる雇用の改善によって転職しやすい環境が整っていることも事実です。

スキルが無くても、自信がなくても転職出来る。

今回の記事が少しでも転職に対する意識を変えるものであれば大変嬉しく思っています。

-就職活動中の悩み

Copyright© ジョブリン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.