20代から30代のための仕事相談所

ジョブリン

未分類

【経験談】転職に失敗し元にいた企業に出戻りを考えている人達へのアドバイス

投稿日:

転職して新しい環境に馴染めずに以前に在職していた企業に出戻りしたいと考えている人多いと思います。

筆者もそうでした。

実際に転職に失敗し出戻りを経験している自分自身の経験を交えながら少しアドバイスをさせていただきたいと思います。

 

まずは自分自身のお話から【経験談】

八年ほど前自分は金属加工の仕事に従事していました。

ちょうどその頃に取引先企業の経営状況が悪化して、仕事がだいぶ減っていき、残業も無く思っているような収入を得る事が難しい状況となっていきました。

 

ここでもう少し我慢して、元の状況に戻るまで待てればよかったのですが、そのとき偶然見た求人に惹かれ転職を決意しました。

実際に転職し新しい企業で働き始めたのですが、いざ働き出してみると全く求人と条件が違い、残業代も出ず、給料も以前いた企業よりも低水準でした。

 

これは明らかな転職失敗。

 

偶然見つけた求人に飛びつき、自らの意思で転職したのですが出きる事ならば以前にいた企業に出戻りしたいという気持ちが日に日に強くなりました。

しかし以前の会社は、そのときはまだあまり経営状態も良くなく、新しい求人も出ていない状態でした。

 

そもそもその頃は転職してからわずか6ヶ月。

こんな短期間で出戻りなんて、と言う気持ちもあり以前の会社の上司に連絡する事もしませんでした。

 

結局自分は失敗した転職先をやめて、そこから半年ほどアルバイトをしてから、以前の上司に連絡をとり無事に出戻りする事が出来ました。

なんとか出戻りは出来たのですが、出戻ってからも色々苦労する事も有ります。

次項からは苦労した点など紹介させていただこうと思います。

 

そもそも何故転職をしようと思ったのか

以前在籍していた会社で、今の環境を飛び出して転職をしようと思った理由を思い出してみましょう。

 

給料面での不満

これが一番多いと思います。

自分もこれが理由で転職をしました。

 

拘束時間の長さ

これも転職理由でとても多い事だと思います。

 

自分自身のスキルアップ、キャリアアップの為

同じ職種で転職する場合こちらの理由も多いです。

 

人間関係に疲れてしまった

自分は労働環境で一番重視するところは人間関係です。

これが良くなければ、労働環境は最悪とも言えるでしょう。

 

大雑把ですがおおまかこの4つの転職理由が多いと思います。

 

出戻りしたいと考えている方は、給料面、時間、労働環境この全てが元に戻ってしまうということを念頭において行動しなければなりません。

 

自分自身のスキルアップ、キャリアアップのために転職をした人は出戻りによって以前と同じ仕事を同じ環境で行なう事になりますので辛い思いも多いかもしれません。

高みを目指して転職したのに日時だけ過ぎて同じ環境に戻るのは辛い事ですよね。

 

転職先のどんな所が失敗した、出戻りしたいと感じるのか

転職して出戻りを考えている人は、どのようなところに転職を失敗したと感じているのでしょうか。

 

求人で出ていた条件と実際の条件が違う

この理由は自分が転職したときと同じ理由です。

給料面、拘束時間、福利厚生、あせって良く下調べをせずに求人にとびついてしまうと自分の思っていた条件と違うなんて事が多々あります。

 

新しい職場での人間関係が最悪

以前の会社なら和気藹々と楽しく仕事が出来ていたのに、なんて考え出したらいくら給料面でよくなっても辛いものがありますよね。

 

労働が単純、スキルアップやキャリアアップに繋がらない

もっと高みを目指していたのに実際転職してみると雑用や単純作業ばかりではやはり以前の会社で地道に上を目指したほうがいい、なんて思ってしまいそうですね。

 

転職先の経営状態の悪化

例えば経営状態が悪化した事で転職を決意したのに、転職先も経営が悪化してしまった、なんて事があったら最悪ですよね。

更に以前在籍していた会社が景気良くなってきたなんて知ってしまったら、出戻りしたい気持ちはとても強くなりますよね。

 

このような様々な気持ちを持ちながら出戻り就職をしようと思っている人は結構居ると思います。

 

出戻り出来る条件とは?チェックポイント

前項のように様々な気持ちの下、転職に失敗し出戻りをしたいと思っている方々が居ると思いますが、果たして簡単に出戻りはできるものなのでしょうか?

 

以前在籍していた企業に人員の空きは有るのか、求人は出ているのか?

いくら自分が出戻りしたくても会社のほうで、人員の空きがなく求人も出ていなければ出戻るのはとても難しいです。

以前の職場の上司に仲のいい方等居る場合、次に人員の空きが出たときに声を掛けてもらえるかも知れませんが、これは時間が掛かる事もあるでしょう。

 

出戻りしてくる事を認めていない企業の可能性は無いか

出戻りして以前の企業に戻りたいと思っていても、企業自体が出戻りを認めて居なければ戻ることは出来ませんよね。

 

退職時にしっかりと円満退職でやめているのか

当たり前の事ですがこれがかなり重要で、退職時に揉めて退職していれば、相手方にはそのときの印象は強く残っているでしょう。

このように揉めて退職してしまった場合、再度採用するといった企業は無いと思います。

 

以上の事を踏まえて出戻りしようと思うときは慎重に行動すべきだと思います。

出戻りたいが為にあせって退職してしまって結局出戻りする事が出来ない、なんてなってしまったら無職で社会に放り出されてしまう、なんて事にならないように気をつけましょう。

 

以前の会社に出戻りしたときのリスク

無事に出戻りでの再就職が決まり戻れたとしても、以前と全く同じ条件で働けるという人はあまり居ないと思います。

例えば在籍5年で転職した場合、出戻りしてきた場合は1年目と同じ待遇になる事がほとんどでしょう。

 

以前は部下だった社員が上司になるなんて事もあるかもしれません。

自分の場合も無事に出戻り出来たのですが、以前在籍していた部署に戻ることは出来ず、新たな仕事を1から覚える事に非常に苦労したのを覚えています。

 

このように出戻りすることにも、少なからずリスクが付いてくるという事を頭に入れて行動したほうが良いでしょう。

 

出戻りを選ぶのか新たな転職を選ぶのか

これも自分の経験を書かせていただきますが、出戻りをして以前の会社に戻った後、以前在籍していた部署が人員満員だったために、違う部署に配属されました。

その後仕事には慣れたのですが、やはり身体が付いていけず、せっかく出戻り出来たのに退職してしまいました。

 

こんな事ならはじめから違う仕事に転職しておけば、と良く考えたりしました。

出戻りして半年後に退職したのですが、全く新しい職場全く新しい環境でも半年あればだいぶ慣れる事が出来たのにな、と良く思ったものです。

 

出戻りを選ぶのか、はたまた新たな環境を選ぶのか、大事な自分の人生ですので良く考え、慎重に行動しましょう。

 

まとめ

転職に失敗してしまった時、出戻りをして以前の環境に戻ることは全く間違えた選択肢ではないと思います。

しかし出戻り出来たからといって、以前と全く同じ様に働けると言う様な保障はどこにもありません。

 

皆さんはじめの転職時に一歩前へ踏み出す勇気が有ったのですから、もう一度更に違う職場へ転職する勇気も有るはずです。

出戻りと更なる転職、良く考えて自分にとって一番良い選択肢をとりましょう。

-未分類

Copyright© ジョブリン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.