20代から30代のための仕事相談所

ジョブリン

転職活動中の悩み

転職するなら年数は何年が良いのか?みんなの平均年数は?

投稿日:

転職に勤続年数は関係あるのか?

恐らく転職を検討している誰もが感じたことのある疑問ではないでしょうか。

石の上にも三年ということわざから、「転職は勤続3年以上」や、「最低5年は働かなければ、転職市場に価値が無い」等の意見や、かたや「転職に勤続年数は全く関係ない」という意見もあり、転職のベストな年数が分からない人も多いでしょう。

 

そこで今回は、一般的に転職の平均年数や勤続年数関係の有無、おすすめの転職等を見ていきながら、ベストな転職のタイミングについて詳しく紹介していきたいと思います。

 

転職平均年数

まず実際に転職した人が前の会社に何年勤めていたのかという点について見ていきたいと思います。

 

 

上記データのように入社3年目、2年目、1年目の順に入社3年以内が15%以上の高い割合を示していることが分かります。

特に入社3年目はやはり「石の上にも三年」のイメージが大きく影響しているのではないかと思います。

実際に私自身も転職経験者ですが、転職したのは入社3年目。

労働条件の不満点から入社1年目から転職については考えていましたが、3年という期間は社会経験、そして転職の市場価値に少しでも良い影響があるのではと思い、苦労はしましたが3年間働き続けました。

当時の私と同じように、一つの目安として「3年」を考えている人も決して少なくないかと思います。

 

転職に勤続年数は関係(影響)あるのか?

実際に勤続年数はどこまで転職に影響するのでしょうか?

一般的に勤続年数が長い方が良いと言われている転職ですが、近年では少し状況が変わってきていることも事実です。

勤続年数が長い方が、転職先でも長く勤めてくれる。

これは転職の採用担当にとっては判断基準の一つとなるでしょう。

しかし、勤続年数の長い、短いにおける差以上に、判断基準として重要なことは「前の会社で何を学んだか。」、「新しい会社で成果を出すことが出来るか」という二点になります。

例え以前の会社に長く働いていたとしても、転職先で未経験の業種や活かせる知識が少なければ、内定を取ることは難しいでしょう。

つまり転職で求められるものは、長く残る人材よりも成果の出せる人材である為、勤続年数は多少影響はあるものの、そこまで大きく関係することはないのです。

 

転職におすすめの年数

上述にて、「転職」と「勤続年数」の差は大きな関係性が無いと紹介してきたものの、最もベストなタイミングについて知っておいた方が転職成功の確率は高まります。

私が紹介するベストタイミングはやはり「3年目の転職」です。

その理由について下記にて紹介していきます。

 

①3年目は社会経験、知識を一通り学ぶことが出来る

一般的に知識や経験が身に着く期間は3年を要すると言われています。

1年働いただけでは、会社の全体像や仕事内容を学ぶことは難しいかと思います。

特に新卒であれば、マナーや常識は勿論、知識やスキルを得る為に時間が必要となり、そこを理解できぬまま、転職市場に出てしまえば、新卒同様の状態で社会経験者と勝負していかなければならなくなります。

転職市場の勤続年数でライバルと差を開かない為にも3年間は働き、なるべく多くの情報を吸収しておくべきではないかと思います。

 

②3年目はも目標ややりたい仕事が理解出来てくる

上記と重なる部分はありますが、1年目は仕事を覚え、2年目は責任を持ち働きはじめ、3年目で仕事を一通り理解することで仕事に対する面白みややりがいを感じてくる時期と言えます。

会社の仕事を一通り理解することで、自分に向いている仕事ややりたい仕事が分かってきます。

1~2年目の転職は前の会社の不満だけの後ろ向きな転職と表現されることもありますが、3年目での転職は不満点だけでなく、目標が明確化した高い意識の中での前向きな転職が行える人が多いことも事実です。

 

転職市場での優位性

やはり1年や2年で会社を辞めた人に対しては転職先の採用担当者の感情論として「また会社を辞めるのではないか?」という不安が拭いきれない部分があります。

その忍耐力という部分で採用担当者に安心感を与える期間として3年という期間は非常に有効かと思います。

どんなに知識や経験がある人間でも勤続年数が1~2年であることにより、書類審査で落とされ面接まで選考が進むことが出来ないケースも少なくありません。

転職先の幅を自ら狭めない為にも3年目までは働いた方が転職市場では優位に進めていくことが出来るかと思います。

 

失敗しない転職のコツ

ここでは現在転職したいと考えているが、勤続年数が短いことにコンプレックスに感じている人に対してお勧めの転職のコツを紹介していきます。

私がお勧めするのは転職エージェントです。

転職エージェントは分かりやすく言えば、自ら企業を選び応募する転職サイトとは異なり、自分に合った求人を紹介してもらえる人材紹介サービスです。

せっかく企業研究をして応募したのに、勤続年数が短いことが要因で選考落ちするのは非常に悔しいですし、時間的にもロスが大きいです。

転職エージェントであれば、自分の条件を伝え、採用確率の高い求人を紹介してもらい、その中から応募をピックアップするだけですので、転職成功率、時間の双方で大きなメリットを得ることが出来ます。

私自身も転職エージェントを活用して、3ヶ月の転職活動期間の中で3社に内定を貰うことが出来ました。

恐らく転職サイトで転職活動を行っていれば、内定数、転職期間も大きく変わっていたと思います。

他にもキャリア相談や選考スケジュール調整等、様々なメリットがある転職エージェントを上手に活用してもらいたいと思います。

 

まとめ

今回は転職と勤続年数について紹介してきました。

勤続年数は長いに越したことがありませんが、1~3年目で転職している人の多さについて理解頂けたかと思います。

近年では転職市場は人材不足の観点から非常に活発化しており、勤続年数以上に、会社の力になる人材が欲しいという気持ちが強くなっています。

勤続年数に捉われず、本当に自分がやりたい仕事は何か、自分が転職先で活躍出来る武器は何かという点をはっきりとさせ転職に臨めば、必ず成功に繋がりますので、是非前向きな転職を行ってもらいたいと思います。

-転職活動中の悩み

Copyright© ジョブリン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.