20代から30代のための仕事相談所

ジョブリン

収入、お金の悩み

主婦が正社員で働くにはどうすれば良いのか?収入をアップさせる方法

更新日:

「もう少し経済的なゆとりが欲しい」「子供が成長するにつれどんどんお金がかかる…」

家計を任されている主婦にとって、お金にまつわる事柄は非常に悩ましい問題ですよね。

少しでも家計の足しにしようとパートに出ても、当然ながら正社員並みの給料を稼ぐことは難しいです。

また、主婦が正社員になった場合、少なからずデメリットもあります。

 

そこで今回は、主婦が正社員になるメリットとデメリットについてご紹介します。

 

このまま現状維持をすべきか?あるいはステップアップして正社員になるべきか?

明確なメリットとデメリットをしっかり比べることで、自分にとってベストな答えが見えてくるでしょう。

→主婦が正社員になるならリクルートエージェントを活用しよう!



 

主婦でも正社員になるべき理由

生活に潤いを持たせるため、パートへ働きに出ている主婦はたくさんいます。

パートの良さはなんといっても、正社員より時間の融通がききやすい所。

特に子供がいる場合だと、幼稚園・保育園のお迎えや、学校行事への参加などもありますからね。

家庭の都合を最優先させたい主婦にとって、パートはうってつけの雇用形態と言えるでしょう。

 

ただパートだと、正社員よりも給料が低いため、それほど多く稼ぐことはできません。

また、ボーナスや退職金をもらえないという欠点もあります。

中にはボーナスを支給してくれる職場もありますが、残念ながらそれはごく稀です。

 

その点、正社員になれば、ボーナスや退職金もしっかり支払われます。

また当然ながらお給料もパートより高いので、収入もグンとアップします。

 

勤務時間が長くなるため、仕事と家庭の両立という意味では確かに大変です。

しかし、「収入をアップさせたい」という強い希望を叶えるためには、正社員として働くのが一番です。

パートのままだと、どう頑張っても収入の大幅アップは見込めないのが現実でしょう。

苦しい家計をなんとかしたい主婦だからこそ、積極的に正社員を目指すべきと言えます。

 

また、病気などで旦那さんが働けなくなった場合なども、奥さんが正社員であれば安心です。

正社員ならではの高いお給料や保証があれば、万が一の事態が起きても余裕を持って過ごすことができます。

 

今現在の生活はもちろん、今後のもしもについて考えた際にも、正社員は非常に魅力的です。

 

 

正社員になるデメリット

考えている女性

精神的・肉体的な負担

主婦が正社員になるデメリットとして一番に挙げられるのが、「精神的・肉体的な負担」です。

 

パートであれば、正社員に比べて稼働日数が少ないため、家庭と仕事の両立もそれほど苦にならずこなせます。

確かに正社員よりもお給料は低くなりますが、精神的にも肉体的にも楽な状態でお仕事ができます。

 

しかし正社員になれば、パートの時よりも拘束時間は長くなります。

長時間仕事をして、なおかつ家事もこなすとなると、精神的にも肉体的にも大きな負担がかかってしまいますよね。

「こんなにハードだったなんて…」と思わずにはいられないほどの厳しい環境です。

また、休日出勤や残業を命じられることもあるので、なおさら家庭の都合を優先させるのは難しくなってしまうでしょう。

さらに正社員ともなれば、責任重大な仕事を任されるため、なおさら精神的負担がかかりやすくなります。

 

時間や業務内容など、あらゆる意味でハードルが高くなるため、パートよりも疲労しやすく、両立が難しい。

これは主婦が正社員になる際の大きなデメリットです。

家族にも家のことを手伝ってもらうなど、身近な人からの協力や理解がなければ、このデメリットを解消することは厳しいでしょう。

 

支出が大きくなる

さらにもうひとつのデメリットとして「支出」が挙げられます。

 

まだ子供が小さく、見てくれる人がいない場合、保育園に預ける必要が出てきます。

しかし保育園に支払う金額も馬鹿になりません。

そのため、「せっかく稼いだお金が保育料になってしまう…」という状況に陥ることもあります。

だからといって、まだ小さな子供を置き去りにしておくことはできないため、こうした費用を削ることは不可能です。

 

また、正社員になって自炊する暇がなくなると、外食や出来合いのお惣菜に頼ることも増えがちです。

「疲れたから外食にしよう」「今日はお惣菜で済ませよう」という場面が多くなると、食費がかかってしまいます。

自炊する時間や気力が奪われるほど頑張っても、それが原因で支出が増えてしまったら、少々本末転倒と言えますね。

 

 

正社員になるメリット

年収がアップし、ボーナスや退職金もしっかりもらえる。

何かにつけて「待遇が良い」という点は、正社員ならではのメリットでしょう。

 

旦那さんだけではなく、夫婦共に正社員として働けば、毎月の収入は大幅にアップします。

すなわち世帯年収も大きく跳ね上がるわけです。

「生活を楽にしたい」「年収をアップさせたい」と考えている主婦にとって、これ以上のメリットはありません。

 

また、ボーナスや退職金の他に、お給料アップも期待できます。

もちろんお給料アップのためには、それなりの成績を残すことが必要なので、大変と言えば大変です。

しかし、自分の頑張りが形として反映されると、とても嬉しいものですしやりがいも感じられます。

 

パートだと、たとえどんなに頑張っても、その頑張りを明確な形で評価してもらうのは難しいです。

「しょせんこれ以上の収入アップは望めない」「頑張っても無駄」と思うと、モチベーションも下がり、やりがいも感じられません。

 

正社員の仕事をすれば、お金はもちろん、やりがいも得られます。

物質的にも精神的にも充実感で満たされるのは、正社員だからこそ得られるメリットですね。

→主婦が正社員になるならリクルートエージェントを活用しよう!



 

おすすめの職業

どんな職業であっても、頑張り次第で正社員を目指すことは可能です。

その中でも、特に主婦向けな職業をチョイスすれば、正社員への道はグッと近くなるでしょう。

 

ここでは、主婦が正社員を目指しやすいおすすめの職業を3つご紹介します。

 

介護・福祉

 

介護や福祉といった分野は、経験があるとそれが強みになります。

日頃の家事で養われたスキルを活かせることから、主婦を積極的に採用する会社も多いです。

また、介護や福祉の仕事をしている主婦の中には、働きながら資格の勉強をしている人もたくさんいます。

資格取得を応援し、フォローする制度を取り入れた会社も多数存在するので、正社員を目指す主婦にはピッタリな仕事と言えるでしょう。

 

事務職

 

パソコンに向かう作業が苦にならないのであれば、事務の仕事もおすすめです。

エクセルやワードなど、オフィス系のソフトに関する知識も必要になってきますが、最初はそこまで詳しくなくても問題ありません。

基本的なキーボード入力さえできれば、仕事をするうちに自然と覚えることが可能だからです。

パソコンの知識を覚えることなら、家事の合間にもできるため、とてもオススメです。

結婚前は事務職の経験があり、電話対応にも慣れている…という場合だと、なおさら優遇されます。

 

美容関連

 

ネイルアートなど、女性に人気の趣味をお持ちであれば、美容関連の仕事も良いでしょう。

趣味が実益になると、楽しさややりがいも増します。

もちろん働きながら資格を取ることもできますし、やろうと思えば自らサロンを開業することも可能です。

自宅をサロンにすれば、家にいながらにして仕事ができるので、家庭との両立もしやすくなります。

しっかりとした収入が得られて、仕事と家庭の両立も容易になる。

まさに一石二鳥ですね。

 

 

主婦のキャリアアップ術

主婦がキャリアアップを図るためには、とにかくまずは経験を増やすことです。

 

多少のブランクがあっても、経験があれば雇用側の見る目は一気に変わるでしょう。

実際に働き始めた時にも、経験があるとスムーズに仕事を進めることができます。

 

経験値を積めば積むほど、技術やスキルは上がっていきます。

「習うより慣れろ」ということわざもあるように、やはりまずはどんどん場数を踏むことが大切です。

 

「どうせ主婦だから…」と尻込みしてはいけません。

積み重ねた経験やスキルは、主婦のキャリアアップに必ず役立ちます。

華麗なるステップアップのためにも、積極的に経験を増やしていきましょう。

 

また、「経験」という大きな武器を用いて、テキパキと仕事をこなせば、会社からの評価もグングン急上昇。

「ぜひ正社員に」という声が掛かる可能性も高まります。

 

 

まとめ

 

「家庭との両立」という大前提があることから、主婦が正社員になるためには様々な壁があります。

しかし、その壁を乗り越えれば、「収入アップ」という嬉しい成果を手に入れることができます。

家族とよく話し合い、フォロー体制が整ったら、ぜひ正社員を目指して頑張ってみてはいかがでしょうか。

→主婦が正社員になるならリクルートエージェントを活用しよう!



-収入、お金の悩み

Copyright© ジョブリン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.