20代から30代のための仕事相談所

ジョブリン

フリーター、ニート

おすすめの住み込みの仕事はコレだ!短期でも稼げます!

更新日:

親元から離れたい、自立して生きていきたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

しかし、実際に自立する際には、お金もかかるりますし、

フリーターの人であれば就職先を見つけること等、大変な部分も多いですよね。

 

そんな人に是非お勧めしたいのが、住み込みの仕事です。

 

「住み込みの仕事って最近よく耳にするけど、実際どんな仕事があるの?」

「普通にどこかの会社に入社するのとどっちが良いの?」

等といった、恐らく何かしらの疑問を持っていることかと思います。

 

今回は「住み込みの仕事」について詳しく紹介していき、住み込みの仕事を「働く選択肢の一つとして考えて頂ければと思っています。

 

おすすめの住み込み仕事を紹介

まず「住み込みの仕事」はどんな仕事があるのか。

やはり一番気になる部分ですよね。

 

具体的に下記にまとめてみました。

 

・自動車製造の期間工

・長距離運転手

・建築、土木作業員

・島や山での宿泊関係の仕事(リゾートバイトを想像してもらえば分かりやすいかと思います。)

 

自動車の期間工や、島や山奥の宿泊関係の仕事は繁忙期に仕事が集中し、

一定期間については企業としては猫の手も借りたくなる仕事です。

 

又、運転手や建築土木作業員は、業界的に非常に人手不足が深刻化しており、住居を補助してでも人手を確保したい仕事の代表例ともいえるでしょう。

 

短期でも稼ぐことが出来る

住み込みの仕事の最大の特徴は「短期間でお金を稼げる」という点でしょう。

やはり労働力を確保したい企業は、高い報酬を一つの魅力として募集を行っています。

 

その為、期間単位で見てみれば、一般の同世代のサラリーマンよりもかなり多い給料を貰えるなんてことも決して珍しくはありません。

 

また住み込み仕事の最大の特徴は「お祝い金」、「特別手当」でしょう。

企業によっては、まだ働いていないのに入社が決まった時点で数十万円をお祝い金、特別手当としてお金を貰える企業もあるのです。

いかに人手不足を解消したい、そして働き手が欲しいことが分かりますね。

 

住み込みのメリット、デメリット

ここでは実際に住み込みの仕事を考えている人に対して、住み込みの仕事のメリット、デメリットについて見ていきたいと思います。

 

まずはメリットについて紹介していきます。

是非住み込みの仕事を検討している人はしっかり確認しておきましょう。

 

メリット1 お金が貯まる

 

上述でも説明をさせて頂きましたが、住み込みの仕事は高い報酬設定により、短期間でお金を稼ぐことが出来ます。

 

それだけでなく、「支出が少ない」こともお金が貯まる要因です。

基本的に住み込みの仕事の場合、会社が住居を用意してくれ、期間中は無料、又は格安で住むことが出来ます。

また水道光熱費や食費を補助してくれる企業も多く、普通に生活するよりも支出が少なくなるので、住み込みの仕事は働いているだけでお金が貯まる仕組みが整っていることがメリットと言えます。

 

 

メリット2 正社員のチャンスが広がる

 

住み込みの仕事のもう一つのメリットは「正社員になるチャンス」がある点でしょう。

 

恐らく住み込みで働いている人は、定職に就いていないフリーターの人が多いかと思います。

住み込みの仕事の中には未経験で働き始めたとしても、しっかりと仕事を覚え、勤務態度が良ければ、期間限定社員からそのまま正社員に転換出来る企業も多いです。

 

特に自動車メーカーの期間工は大手企業が揃って募集しており、普通に就職しようと思っても入社がかなり難しい大手企業の正社員になるチャンスがある点は非常に大きな魅力ではないでしょうか。

 

 

次にデメリットについて紹介していきます。

もし住み込みの仕事を考えているのであれば、デメリットについても理解しておかなければいけません。

 

デメリット1 生活に制限がかかる

 

住み込みで働く場合の最大のデメリットは仕事中心の生活に制限されることでしょう。

企業としては住居を準備し、生活費を補助し、お祝い金や高い報酬を支払い、「一定期間の労働力」を買っている訳なので、

その点については自分自信で理解しておかなければなりません。

 

実際に制限される事例について見ていきましょう。

 

・就寝、起床、食事の時間が設定されている。

・住居が街から離れている為、休日も出かけれない。

・3~4人の相部屋で、人間関係に苦労する。

 

多少の「制限」よりも、メリットの方が勝っているのであれば、特に問題は無いかと思います。

しかし、もし少しでも不安に思うことがあるのであれば、細かな条件、生活リズムについて確認しておくことも重要でしょう。

 

 

デメリット2  体力的にきつい仕事が多い

 

上述にて住み込みの仕事の例を挙げさせて頂きましたが、やはり体力的にハードな仕事が多いことも事実でしょう。

 

又、繁忙期が中心の募集が多い為、仕事自体が忙しく残業が続くことも想定されます。

企業によっては2交代や3交代のシフト制を導入していることも多く、生活習慣が乱れる可能性も少なくありません。

 

その為、仕事によっては体力に自信がある、高い報酬で割り切って働ける自信がある人でなければ、苦労することについても理解しておく必要があるでしょう、

 

 

お勧めの住み込みの仕事は「期間工」

結局、住み込みの仕事で一番稼げるのは何の仕事なの?と思いますよね。

その答えはずばり「自動車関係の期間工」です。

誰もが知っている大手自動車メーカーは、繁忙期になると揃って期間工募集を行います。

では、自動車メーカーの期間工は何故お勧めなのでしょうか?

 

まず仕事内容についてですが具体的には生産ラインに入り、自動車部品組み立てや塗装、加工等の作業をすることになります。

その際に未経験者でもしっかりと先輩が付き、フォローしてくれる為、安心して働くことができ、

又、報酬についても毎月平均して30万円近く、年間通して期間工として働く場合、諸々手当含め年間450万近い収入を得ることが出来ます。

 

やはり大手企業ある為、待遇面は勿論、未経験者でもしっかりとした研修、教育制度、労働環境の徹底により、安心して働いていける環境が整っている点は大変おすすめです。

 

まとめ

 

今回は住み込みの仕事に詳しく紹介してきました。

 

住み込みの仕事は非常に魅力が多く、下手にブラック企業に就職して働くよりも、好条件で働ける環境が整っています。

 

近年では住み込みの仕事のまま長く働いている人、住み込みの仕事から正社員になった人等も増えており、フリーターで手に職をつけたいと思っている人には、入社の難易度も低く、大変お勧め出来る仕事の一つとなっています。

 

今回の記事が住み込みの仕事で働いてみたいと思うけど、よく分からず一歩を踏み出せていなかった人の背中を少しでも押すことが出来れば、大変嬉しく思っています。

-フリーター、ニート

Copyright© ジョブリン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.