正社員の悩み

資格取得は会社に報告した方が良いの?秘密にしてバレたらどうなる?

更新日:

ヤル気・経験・能力などがあれば、これといった資格が無くても仕事はできます。

ただ、自分の望む職種によっては資格が必要になることもあるでしょう。

 

また資格を取得しておくと、転職の際にも有利と言われていますね。

そのため「仕事をしながら資格を取ろう」と考える人もいるでしょう。

 

そこで生じるのが「資格を取ったら会社に知らせた方が良い?」という疑問です。

 

資格取得は会社へ報告すべきなのか?

そしてもし秘密にしてバレた場合どうなるのか?

今回は、これらの疑問にスポットを当ててみます!

 

資格は転職時に有利

もし転職を考えているのなら、あらかじめ資格を取得しておくと良いでしょう。

 

例えば書類選考の際、資格が書かれていると、それだけで採用担当者の目を惹きます。

 

もちろん志望動機や自己PRなど、文章でアピールすることも大切です。

ただ、やはり資格は、パッと見た瞬間にその人のスキル・特徴・強みなどがわかりますからね。

瞬時に魅力を判断できるため、「おっ!これは」と思ってもらいやすいです。

 

また様々な資格を取得すると、その分仕事の幅も広がり、選択肢が増えます!

 

やはりいろいろな意味で、資格は転職時に有利と言えますね。

 

 

資格を取ったら会社へ報告?

考えている女性

「今の会社を辞めようかな」

「いずれは転職したい」

そう考え、働きながら資格の勉強に励む人もいるでしょう。

 

ただ、もし試験に受かった場合、資格取得を会社に報告すべきなのか?

この点について考えてしまう人も少なくありません。

 

また「転職のために資格取得をした」と判明したら、恐らくあまり良い印象は持たれないでしょう。

会社側からすれば「うちを去るためにこっそり資格を取ったのか」といったところですからね…

 

資格取得は会社に報告した方が良いのかどうか、これはケースバイケースと言えます。

例えば業務に関する資格などであれば、会社に報告した方が良いでしょう。

資格手当や支援など、何らかの恩恵が受けられる場合、むしろ報告しないと損です。

 

しかしそうでないのなら、基本的に報告は不要です。

今の仕事に関係性の無い資格であれば、わざわざ知らせなくてもOKです。

 

即ち、転職のために水面下で資格取得をした場合は、あえて報告する必要ナシ!と言えるでしょう。

 

ただ「資格の勉強ばかりして業務がおろそかに…」など、仕事に支障をきたさないよう注意してください。

 

また中には「資格を取る際は内容や理由を知らせるように」とする会社もあります。

こうした決まりがある場合は、報告が必要な理由を今一度確認しておきましょう。

 

秘密にしていたらバレるもの?

飲食業界は辞めたほうが良い

転職目的で資格を取る場合、やはりなるべくなら会社にバレたくないというのが本音ですよね。

 

また、仮に他の社員に知られた場合、いろいろ面倒くさいことになりがちです。

 

「どうだった?」などと結果を尋ねられたり、「仕事より勉強が大事だからね」と嫌味っぽいことを言われたり…

またちょっとでもミスをすると「勉強に夢中で仕事に身が入ってないんじゃない?」と言われるかもしれません。

 

やはりできれば資格の件は秘密にしておきたいところでしょう。

 

基本的に、資格取得の件が会社にバレることはありません。

受験の際、願書・答案といった書類に自分の勤め先を書いても、会社に連絡がいくことはまず無いです。

統計を取ったりするための、いわばアンケート的なものですからね。

 

ましてや会社に言われてではなく、個人で独自に受験をしているわけですから、なおさら連絡がいくことはありません。

 

そのため、よほどのことがない限り、秘密にしていてもバレないと言えます!

 

資格取得が会社にバレたら?

資格を取ったことが万が一会社にバレても、大抵の場合特にお咎めはありません。

 

「資格を取る場合はあらかじめ報告を」など、何らかのルールが定められているなら、当然注意されるでしょう。

また「資格取得に熱が入るあまり、業務に支障が…」という場合も、評価が下がる恐れアリです。

 

しかしこうした不手際が無ければ、会社にバレたとしても特に問題はありません。

逆に「仕事をこなしつつ資格も取得するなんて!」と、高評価されるケースもあります。

 

もちろん転職目的と判明した場合、会社側からするとあまり良い気持ちはしないでしょう。

ただ「それだけの熱意・努力がある」という点においては、一目置かれる可能性大です。

もしバレたとしても、それほど心配する必要はないと言えますね。

 

自分の目指す職種にピッタリな資格を

 

転職時に資格があると有利になることは確かです。

しかし「資格さえあれば大丈夫」と油断するのは禁物です。

自分の望む職種に合っていない資格だと、かえって不利になってしまう恐れがあるからです!

 

例えば、経理の仕事に就きたい人が簿記の資格を持っていれば、これは良いアピールになります。

しかし、これが栄養士などの資格だったらどうでしょうか。

 

「こうした資格を持っておきながら、なぜ経理の仕事に?」

そんな疑問を抱かせてしまいます。

 

恐らく面接の際も突っ込まれる可能性大です。

その時答えに詰まってしまうと、あまり良い印象を与えないでしょう。

 

このように、希望職種と無関係な資格を取得・記載すると、かえって不利に働く可能性があります。

そのため資格を取得する際は、転職先に合った資格をチョイスするようにしましょう。

 

 

まとめ

 

今回は、資格取得と会社への報告についてまとめてみました。

社内において特別なルールなどが存在しない限り、あまり気にする必要はなさそうです。

秘密にしたりバレたりしても特に問題はないと言えるでしょう。

 

ただ、資格を取ったからといって油断してはいけません。

 

転職先にピッタリな資格を取得すること。

そして社会人としての能力を磨き、所持する資格に負けず劣らずな自分でいること。

こうした点も忘れないよう心掛けましょう!

ハローワークはもう古い!全て無料の転職エージェントを活用しよう!→おすすめランキングはこちらから

-正社員の悩み

Copyright© ジョブリン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.