20代から30代のための仕事相談所

ジョブリン

人間関係の悩み

自分だけ仕事量が多くて不公平さを感じているときの対処方法

投稿日:

同じ会社に勤めているのにあの人は仕事が少なくて早く帰っている。

それに対して私は仕事量が多くて、残業続き。

不公平ではないかと思っている人もかなり多くいるかと思います。

私自身も営業職で、管理系の仕事を見ていると、「あの仕事量で同じ給料なんて納得がいかない!」と日々思っています。

しかし、労働環境というのはなかなか簡単に変えることが出来ないことも事実です。

では一生この不公平な仕事量を耐え、こなし続けていかなければならないのでしょうか?

決してそんなことはありません!

今回は仕事量が多い人に対して適当な仕事量、不公平さを少しでも減らす対処法について紹介していきます。

 

仕事量の不公平はなぜ生まれるのか?

例え同じ会社であったとしても仕事量格差や不公平というのは生まれてしまうことは事実として存在します。

ではなぜ不公平さが生まれるのでしょうか?ここではその理由についてみていきます。

下記に簡単にまとめてみました。

 

純粋にあなたが仕事が出来る。

同じ仕事をやっていても、人によってそのスピードや正確さは異なります。

その為、会社としては出来る人に多めの仕事、出来ない人には仕事量を少なくという構図が出来上がってしまいます。

よく言えば、会社のあなたへの期待感からつい仕事を増やしてしまっているケースが考えられます。

 

上司が適切な仕事量が理解出来ていない。

上司が行う業務配分が不公平で仕事量が多くなっていることがあります。

このケースは非常に多く見受けられ、部署内の仕事量に適した人員構成なのか、業務配分なのかという点を理解出来ている上司はかなり少ないかと思います。

上司もサラリーマンなので、自分の評価を上げる為に、多くの仕事を少ない人員構成で行い、そのツケが部下に回ってしまっているのです。

 

職種による仕事量格差。

例えば客先都合で仕事量が変わってくる営業と、毎日決まった量、時間の中で仕事をやっていく技術や管理系の職種ではどうしても仕事量格差が生まれてしまいます。

こればかりは職種による宿命であり、ある程度覚悟をしなければなりません。

それでも毎日残業と毎日定時帰宅レベルの程の格差ともなれば、不公平さを感じる人は多いでしょう。

 

このように様々な理由から仕事量の不公平さは生まれてしまいます。

ではこの点を踏まえた上で、どのように対処していけばよいかという点について下記でみていきたいと思います。

 

現状を分析してみよう!

まずはなぜ仕事量が多いのか?不公平に感じるのか?という点について自身で現状分析をしてみることが重要になります。

例えば、下記のような項目を見ていきます。

 

①仕事量の多い

②部署の人員不足

③アナログの仕事

 

まずは純粋に自身の仕事が多すぎていること。これがほとんどのケースかと思います。

どれくらいの仕事量が適切なのかという点について時間換算して判断してみましょう。

 

次に部署の人手不足。

会社が気づいていない仕事量と人のバランスについて部署に適正人員について考えてみる。

 

最後にアナログの仕事。

例えば、この仕事はわざわざ人の手でやるべき仕事ではない。

システム化するだけで仕事量、作業効率があがる仕事について考えてみる。

このように分析を行った上で実際に行動に移していってもらいたいと思います。

 

自分だけ仕事量が多い時の対処法

上司、人事に相談をしてみる

ここから実際の対処法について紹介していきます。

まずは直属の上司への相談してみることがベターでしょう。

現在の自分の仕事量を文字や数字にまとめて、仕事の不公平さや仕事量について理解してもらう必要があります。

上司としてももしあなたがキャパオーバーし、仕事にミスをされてしまっては困る為、恐らく真剣に向き合ってくれるかと思います。

また仕事を目に見える形で表現することで「この仕事はシステム化出来る。」、「この仕事は他部署に依頼する。」等の判断もしやすくなるかと思います。

しかし、それでも仕事量の多さ、不公平さを理解出来ない上司がいる場合は、人事部へ相談することも一つの手段になります。

人事部は実際の業務について詳しく理解することは出来ないかと思いますが、残業時間や人員厚生を考慮して、一緒に考えてくれることでしょう。

 

転職を考える

上司や人事に相談したけど、上手くいかない。

仕事量や不公平さに納得出来ないという人は「転職」という手段も検討してみましょう。

やはり企業の労働環境を大きく改善することはなかなか難しいことも事実です。

現在の転職市場は非常に活性化しており、求人の量、質、そして転職をサポートする人材紹介事業の数も多くなっています。

特に転職希望者1人1人に対して、専門のキャリアアドバイザーと呼ばれる転職のプロが希望の求人を紹介、フォローをしてくれる転職エージェントは非常にお勧め出来ます。

私自身も転職エージェントを活用して転職を成功させた人間ですが、希望していた適当な仕事量の会社に現在勤めることが出来ています。

転職はなかなか簡単に決断することは出来ないかもしれませんが、納得出来る労働環境を求めるのであれば、自分で積極的に動いていくことも必要かもしれません。

 

まとめ

今回は仕事量の多さ、不公平さについての対処法についてまとめてきました。

仕事量の公平というのは、残念なことに完全にフラットにすることは出来ません。

しかしなるべく適当な仕事量、不公平さを無くすことは労力は必要かもしれませんが、叶える手段は存在します。

自分の仕事のキャパは自分にしか分かりません。

もし無理をして働き続けても、不満はどんどん募り、自分の首を絞め続けることになります。

今回紹介した現状分析、周囲への相談、転職という点を踏まえて、あなた自身の納得できる仕事を行ってもらいたいと思います。

-人間関係の悩み

Copyright© ジョブリン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.