20代から30代のための仕事相談所

ジョブリン

未分類

出産後に転職するベストタイミングはいつ?出産前がベスト!

更新日:

今やワーキングマザーは当たり前の時代。

産休・育休制度の活用や復職支援など、ワーママが就業しやすい環境を整えている企業も多い中、将来のキャリアプランを考えた上で、自身の出産と転職のタイミングをどうするか悩んでいる女性も多いのが現状です。

とはいえ、女性の出産適齢期は限られています。

そこで本記事では、出産と転職のタイミングを悩んでいる女性の方へそれぞれのベストタイミングをご提案したいと思います。

→主婦が転職ならリクルートエージェントを活用しよう!



転職するなら出産前にした方が良い?

まずは出産前に転職する場合を見てみましょう。

メリットとしていちばんに挙がるのは、ずばり「転職先の選択肢が増えること」です。

当然、まだフルタイム勤務ができ残業も可能な身ですから、勤務時間に制限なく企業を選ぶことができます。

さらには出産も考慮した上で、復職支援に積極的な企業を検討することもできますね。

しかしデメリットもあります。それは、育休制度を利用するには同一事業主に1年以上雇用されていることが条件となります。

つまり、転職してから就労期間1年未満に妊娠が発覚した場合、産休は取得できますが、法律上は取得条件を満たしていないため育休制度の利用ができないことになるのです。

この他にも復職を視野に入れているのなら、転職先で数年程度の実績を積んでおき、人間関係などの土台を構築することで産休・育休を取得しても戻りやすい環境を自らつくっておくことが大切です。

 

出産後に転職は難しいのか

一方、出産後に転職する場合はどうでしょうか。

これは時期によってケースバイケースと言えるでしょう。

例えば出産後まもなくやまだ子供が1歳に満たない場合、転職は簡単ではありません。

なぜなら、子供の急な病気等で会社を早退したり休んだり、業務に支障が出る可能性も大いに想定できるため、企業側も採用には二の足を踏んでしまうからです。

「それならやっぱり出産後の転職は難しい?」・・・いえいえ、決してそんなことはありません!

いつ転職するか、このタイミングが非常に重要なのです。

 

仕事と子育ての両立は難しい

仕事、食事の支度、保育園の送り迎え、買い物、掃除、洗濯、子供とのスキンシップ。

世のワーキングマザーは、しなければならないことが多すぎて常に時間に追われ、また体力が続かず苦しい思いをしている人も少なくないでしょう。

子供や家庭の予定に合わせて仕事を調整したにも関わらず、想定外のことが起こりすべてムダになってしまった・・・など、予定どおりにいかない子育てに疲労困憊している人も多いのが実情です。

仕事と子育てを両立させるためには、どちらも全力投球してしまうのではなく、それぞれのバランスをよく考えることが必要です。

そのためにも、子育てに合う働き方を選択して、日々の仕事におけるストレスをなるべく減らすようにしましょう。

→主婦が転職ならリクルートエージェントを活用しよう!



今の会社を続けるなら産休後に復帰するのがベスト

では、子育てに合う働き方、ストレスをなるべく少なくする働き方とはどのようなものでしょうか。

それは、まずは今の会社で復職することです。

出産前まで働いていた慣れた環境ですから、余計なストレスも最小限に抑えることができるでしょう。また、もし子供が1歳になっても保育園などの養育の環境が整わない場合には、育休期間を2歳まで延長することもできます(※2017年10月より施行)。

 

もし転職するならベストタイミングは出産後?出産前?

さて冒頭のテーマに戻りますが、転職するのであれば、「出産後」がベストタイミングでしょう!

出産前に転職するケースだと、前述したように、転職先である程度の実績を積んでおき、いずれ復職しやすい環境を自身でつくる必要があります。そうなると、妊娠・出産のタイミングが先延ばしになってしまう可能性もあり、女性の身体にはタイムリミットもある関係で焦ってしまいますよね。

一方、出産後に転職するのであれば、これまでキャリアを積んできた環境で産休・育休制度を利用することができますし、一旦復職してから仕事と子育ての両立にある程度慣れた時点で、転職活動することができます。

そして転職するタイミングですが、幼稚園に行くタイミングの3~4歳がベストでしょう。子供もある程度の年齢になり、自身の手を離れる時間もできることで、仕事にかけられる時間や労力も増えるからです。

 

子育てしながら働くための心得

出産前にバリバリ仕事をこなしてきた人ほど、仕事にも子育てにも完璧を求め100%全力投球しがちです。

するとどうなるか・・・多忙な毎日に体がついていけずついにダウンしてしまいます。

そうなることを防ぐためにも、子育てと仕事の両立には「一定の手抜き」が大切なのです。

例えば

・買い物はネットスーパーを利用する

・料理は食宅サービスを利用する

・夫や周囲の人々に積極的に助けを借りる

・行政で行っているファミリーサポートを活用する

 

まずは自身の体が資本です。

子育ても仕事も自分ひとりで完璧にこなそうとはせず、サービスや支援制度は積極的に利用し、夫や実家、はたまた近所の人など周囲の人々に時には甘えて助けてもらいましょう。

 

まとめ

出産適齢期の女性にとっては、出産と転職という人生の大イベントをいつどのようなタイミングで行うのがいちばん良いのか、悩んでしまいますよね。

本記事では、出産後、子供が3~4歳になり、ある程度手のかからなくなった時点で転職するのがベストタイミングであることをご提案しました。

しかし、これはすべて一概に言えるわけではありません。

自身の今いる会社、出産したい年齢や時期、家族の意向、将来のキャリアプラン、それらを踏まえて出産・転職のタイミングを決める上で、ぜひ参考になさってください。

→主婦が転職ならリクルートエージェントを活用しよう!



-未分類

Copyright© ジョブリン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.