20代から30代のための仕事相談所

ジョブリン

就職活動中の悩み

プログラマーに未経験で転職しようとしているなら転職エージェントを利用するべきワケ

更新日:

中高生男子の間で将来何になりたいかと聞くと圧倒的に多くなっているプログラマー。

実際にIT社会である現代では需要はとても多いです。

20代、30代の未経験でもプログラマーに転職することが出来ます。

→プログラマーが転職するならリクルートエージェント



プログラマーの市場価値は高い

IT社会である現代においてプログラマーの市場価値はとても高いです。

大手転職サイトの@typeでも市場価値は証明されています。

特に昔はある程度年齢が行くとプログラムマネジメント(管理者)スキルが重視されていたものの、現在では自分で手を動かす(要するに現場で働くプログラマー)の需要がものすごく高くなってきているとされています。

参考 @type

 

35歳定年説

プログラマーはかつて35歳で定年と言われていました。35歳以上になると一部のマネジメントスキルが高い人が上に立つ、そういう世界だったんです。

今は採用年齢も広がって20代~30代だけでなく、40代でも転職が可能になっています。

プログラマーは35歳で定年という限界説は崩壊してきています。

 

プログラマーは未経験でも就職できる(※注意点アリ)

プログラマーでも未経験者を募集しているところはたくさんあります。

「学歴不問、実務経験不要、未経験歓迎、30万円~」こんな感じで募集している企業はいくらでもあります。

プログラム未経験だとしても十分に入る余地はあるでしょう。

ただし、注意点が1つあります。

 

全く無勉強で就職しないこと。

 

未経験だから右も左もわからない、もちろん会社側がそれをわかってくれて一から手取り足取り教えてくれれば良いのですが、すべての会社が親切丁寧なわけではないのです。

現場に出てしまえば他の先輩たちは自分の仕事で忙しい、後輩の面倒なんて見てる暇ない、でもこっちは知らないから質問するしかないって状況に陥ってしまいます。

質問だってかなりあるでしょう。最初は付きっきりで教えてもらわなければ何もできませんよね。

そんな中で就職してしまうとどうしても退職してしまう人が後を絶たなくなってしまいます。

プログラマーの世界では結構ありがちですので気を付けておきましょう。

→プログラマーが転職するならリクルートエージェント



プログラマー未経験の人は転職エージェントを利用しよう

プログラマー未経験の人こそ転職エージェントを利用するべきです。

転職エージェントは企業と人材をつなぐ仲介人です。人材を紹介することで企業から報酬を得ています。

いわば転職や就職のプロなんですよね。

転職エージェントは無料で利用出来て企業を紹介してくれるだけでなく履歴書対応、面接対策までこちら側と一緒におこなってくれます。

プログラマー未経験の人も熟練の人も転職エージェントを利用した方が失敗しない就職にすることが出来ます。

 

おすすめの転職エージェント

プログラマーやSEに特化している転職エージェントを紹介します。

 

ワークポート

IT系に特化した転職エージェントです。

ワークポートは広くIT系企業に精通しており、ネット上のシステム、WEB関係、アプリ関係など幅広い求人が魅力です。

未経験でもエンジニアを目指そうという人のためにスクールも開催されていますので基礎から学ぶことが出来ます。

 

リクルートエージェント

転職業界最大手のリクルートエージェントは取り扱い案件の豊富さが魅力です。

プログラマー、エンジニアの求人も多く揃っており、他の職種の求人の多さも目を離せないポイントです。

プログラマーに転職したいが決まらないってときにも他の職種にチャレンジできます。転職する時には絶対に登録しておきたい転職エージェントです。

 

レバテックキャリア

IT、WEB系の転職に特化したエージェントです。

求人は100%IT関係のみです。転職率が高く、3人に2人は書類審査に合格しています。

それだけの高水準ですのでキャリアアドバイザーのサポート体制も万全です。

 

@type

IT、通信WEB関係の求人を豊富に扱っているエージェントです。

大手からベンチャーまで幅広い求人があり、年収アップ率71%が魅力です。

サービスの質も高いですが、関東圏以外の人は求人が少ないデメリットもあります。

 

パソナキャリア

IT関係に特化していないものの20代の未経験、第2新卒など若年層の転職に強いエージェントです。

他のエージェントに比べるとプログラマーなどの求人案件が少ないですが拠点が全国になりますので地方の人にもお勧めできます。

 

複数登録することで失敗しない可能性が上がる

転職エージェントに直接聞いたところ、一か所しか登録する人はほとんどいないとの回答を得ました。

当然ですよね。複数登録した方が自分の希望に沿う求人が見つかりやすくなります。

各エージェントで強い地域や企業も異なります。

転職エージェントを利用する時は複数登録しておきましょう。

 

ハローワークは利用しない方が良い

プログラマーになりたい人はハローワークは利用しない方が良いです。

なぜなら、ハローワークはさまざまな職種、業種を扱っています。

上述した転職エージェントは転職のプロであり、エージェントによってはIT関係に特化しているところもあります。

もはや情報も知識も別物なんですよね。

情報や知識を持っていないハローワークから紹介されると人材と企業のミスマッチの可能性が高いんですよね。

それならば転職エージェントを活用した方がより良い企業を探せるでしょう。

 

最後に

プログラミングを勉強したい、未経験でプログラマーになりたいって人は転職エージェントを利用することを検討してみて下さい。

経験者なら転職エージェントを利用すれば給与交渉もおこなってくれます。年収25万円だったところが28万円にアップしたなんて話は全く珍しい話ではありません。

より良い就職、転職をしてスキルアップ、給与アップを目指してみて下さいね。

→プログラマーが転職するならリクルートエージェント



-就職活動中の悩み

Copyright© ジョブリン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.