人間関係の悩み 正社員の悩み

仕事中に怒られてばかりで「もう辞めたい」鬼メンタルになるために必要なこと

更新日:

仕事で怒られてばかりいると、辞めてはダメだと思いつつも辞めたい気持ちになるものです。

 

もはや仕事をしに行っているというより怒られに行っているようなもの、なんて人もいるでしょう。

 

また「怒られるのはミスばかりするから」と、自分の失敗が原因だと自覚するケースもあります。

 

いずれにしろ、仕事で怒られてばかりの毎日では辛いですし、「辞めたいな」と思ってしまいますよね。

 

そこで今回は、仕事で怒られても動じない鬼メンタルの身につけ方や、仕事でミスをしない方法についてご紹介します!

 

 

きちんと仕事をしていても怒られるなら辞めるべき

会社で怒られてばかりいると、思わず仕事を辞めたくなるでしょう。

 

また、怒られてばかりいるからとはいえ、果たして本当に辞めていいものなのか?悩みますよね。

 

しかし、もしあなたがきちんと仕事をしていても怒られるなら、今の会社は辞めるべきです。

 

・誰が見てもミスなど犯していないのに怒られる

・怒られるか怒られないかはもはや上司の機嫌次第

・いくら頑張っても正当な評価を受けられず怒られるばかり

 

こうした明らかに理不尽な怒りを受けている場合、あなたに非はありません。

しっかり仕事をしているのに相手の気分次第で怒られるだなんて、たまったものではないですよね。

 

このような環境で働き続けてもロクなことがないので、真剣に退職を検討することをオススメします。

 

自分に落ち度があるならまずは改善しよう

ミスを犯したり失態を繰り返したりすれば、怒られるのは当たり前です。

ましてや仕事というのはお金(お給料)が発生するわけですから、できなければ厳しく叱られるのは当然です。

 

そのため自分のミスが原因で怒られている場合は、会社を辞めるべきではないと言えます。

 

自分の落ち度を認め、ミスのない仕事ができるよう、しっかり欠点を改善することが大切です。

 

そうでないと、たとえ別の会社に転職したとしてもまた怒られてしまうかもしれません。

「ミスばかり犯す」という根本的な問題を解決すること!これが重要なのです。

 

もちろん一気に改善することは難しいかもしれません。

が、自分の心掛け次第で少しずつミスを減らしていくことは可能です。

一生懸命な姿勢や努力する心構えが見られれば、上司も少し見直してくれるかもしれません。

 

仕事で怒られてばかりだと辞めたい気持ちになるものですが、自分に原因がある場合は安易に辞めず、まずその原因をしっかり取り除いていきましょう。

 

仕事でミスをしないために大切なこと

「ついつい仕事でミスばかりしてしまう…」

「おかげでしょっちゅう怒られてばかり…」

 

そんな状況を打破するために、ここでは仕事でミスしないためのポイントをご紹介します。

 

メモ取りを忘れずに

 

仕事の依頼や指示を受けた際、メモを取らずに自分の頭の中だけで記憶しようとしていませんか?

 

「これくらいならメモを取らなくても平気だろう」と軽く考えるのは禁物です。

きちんと記録しておくことで、記憶の曖昧さが招くうっかりミスを事前に防ぐことができます。

たとえ記憶力に自信があったとしても、大事なことはしっかりメモに取っておきましょう。

 

再確認も必須

 

仕事内容の聞き間違い・誤解などもミスの原因になります。

 

「これで間違いない」と、自分の中で勝手に信じ込んでしまうと非常に危険です。

仕事の指示を受けた際は、内容や目的などについて事前にきちんと再確認しましょう。

 

終わったら再チェック

 

作業自体が完了しても、まだまだ終わりではありません。

最後にもう一度チェックをして不備がなければ、そこで初めて仕事完了です。

 

この再チェックを怠ると、大きなミスや不具合を見逃す恐れがあるので注意しましょう!

 

声出しも効果的

 

仕事内容をチェックする際、大抵の人は目視で確認するでしょう。

しかし目以外の器官もフル活用することで、より注意力が高まります。

そのためミスを減らしたいなら、声に出してのチェックもオススメです。

 

もちろん会社だと周りに人がいるでしょうから、大きな声でなくてOK!

囁くような小さな声、あるいは口を動かすだけでも効果ありなので、ぜひ実践してみてください。

 

報連相を欠かさずに

 

報告・連絡・相談、いわゆる「報連相」を欠かさないことも、ミスを防止する重要ポイントです。

 

何か起きても報告せず、気になることがあっても連絡・相談を一切しない…。

こうした自己判断や勝手な思い込みに任せて進めてしまうと、ミスやトラブルが起きやすくなります。

 

少しでも不安や迷いが生じたら、必ず上司などに報告・連絡・相談をしましょう。

 

集中できる環境を作る

 

作業環境が悪いと、どうしても集中力が低下しがちになります。

結果的にミスも増えてしまうので、仕事をする際は身の周りの環境にもきちんと気を配りましょう。

 

机周りを整理整頓して綺麗に片付ければ、集中力がアップするだけではなく気分もスッキリします。

 

快適で集中できる環境作りも、ミスを減らすポイントです!

 

余裕を持って行動しよう

 

慌てて仕事をすると、普段あまり失敗しない人ですらミスを犯しやすくなります。

しかし時間に余裕をもって取り組めば、落ち着いて作業ができるので、ミス発生率はグッとダウン!

 

焦らず確実に仕事をこなすために、しっかりスケジュールを立て、余裕を持って行動しましょう。

 

できない仕事はキッパリ断る

 

本当はイッパイイッパイでそれどころじゃないのに、頼まれると断り切れずについ仕事を引き受けてしまう人もいますよね。

 

しかし無理してオーバーワークになると、精神的に大きな負担がかかるため、ミスを引き起こしやすくなります。

せっかく仕事を引き受けても、ミスを犯してしまったら、相手の役に立つどころかかえって迷惑になるでしょう。

 

そのため「自分には難しい」と思ったら、無理せずキッパリ断ることも大切です。

仕事をくれたことに感謝しつつ丁寧に断れば、相手も不快にならず受け入れてくれますよ。

 

引きずらないことも大事

 

ミスを犯さないよう、細心の注意を払うことはとても大事です。

しかし人間ですから、時と場合によってはどんなに気をつけていても失敗してしまうことはあるでしょう。

 

そこでズルズル引きずってしまうと、自信をなくして投げやりになり、再びミスを犯しやすくなります。

しかしパッと切り替えて「次は気を付けよう」と前向きに努めれば、同じミスを繰り返すことなく前進できます。

 

ミスを犯さないためには、失敗した時の意識の持ち方も大切なのです。

 

仕事で怒られた後のストレス解消法

「ミスする自分が悪い…」と十分理解していても、やはり怒られてばかりいると気分がモヤモヤするものです。

また「ミスしていないのに怒られる」という理不尽な怒りを受けている場合だと、モヤモヤどころではありません。

こんなに真面目に頑張っているのに何故!?と、ストレスが溜まる一方ですよね。

 

そこでここでは、仕事で怒られた後のストレス解消法についてまとめてみます。

 

深呼吸してリラックスする

 

仕事で怒られてストレスが溜まった時は、ぜひ深呼吸をしてみましょう。

 

深呼吸程度でストレス解消できるの?と思う人もいるかもしれません。

しかし深呼吸には、ストレス発散と同時にリラックス効果もあるので、イライラ・モヤモヤした時にうってつけなんです。

ストレスを感じると無意識のうちに呼吸が浅くなりがちなので、そういう意味でも深呼吸はとてもオススメ。

 

深く息を吸い込み、溜まったストレスを放出するようなイメージで息を吐き出してみましょう!

 

信頼できる同僚と愚痴をこぼし合う

 

職場に信頼できる同僚がいる場合、その同僚に愚痴をこぼすのもひとつです。

家族や友人でもいいのですが、やはり同じ環境で働いている同僚の方がいろいろ理解してもらいやすいでしょう。

 

もちろんしょっちゅう愚痴ってばかりなのは考えものです。

しかし自分の愚痴を聞いてくれる良き理解者がいると、それだけでストレス度合いがグッと軽くなります。

 

お酒を飲みつつ同僚と愚痴をこぼして、明日への英気を養いましょう。

 

ゆっくり入浴する

 

肉体の疲れを癒やすことも、ストレス解消に繋がります。

そのためストレスを感じた時は、いつもより長めにお風呂に入り、ゆっくり身体をあたためましょう。

 

良い香りのする入浴剤を入れたり、お気に入りの本を持ち込んだり…。

様々な工夫をしてバスタイムを満喫してみてくださいね。

 

自分なりのリフレッシュ方法を探してみる

 

ストレスが溜まったら、自分なりのリフレッシュ方法を見つけてみることもオススメです。

散歩、ドライブ、音楽鑑賞、映画鑑賞、瞑想などなど。

自分が楽しめること・安らげることを探し、気分転換してみましょう。

 

「他の人にとっては楽しくなくても、自分にとっては最高に面白い!」

そんなとっておきのリフレッシュ方法があると、上手にストレス発散できますよ。

 

仕事で怒られても動じない鬼メンタルを身につけよう

 

仕事で怒られても動じない人は、基本的にメンタルがとても強いです。

 

そんな鬼メンタルな人の大きな特徴が「気にしない」というもの。

 

メンタルがタフな人は、小さなことにこだわらず、失敗しても引きずりません。

怒られても「次から気を付ければOK」とすぐに切り替え、物事を気にすることが滅多にないのです。

 

また怒られると、自分に対し「ダメ人間だな」と否定的になる人がほとんどでしょう。

しかしメンタルが強い人は、自分を否定するようなことはしません。

欠点を認識しつつ、いかに自分の長所を活かしていくかについて前向きに考えるのです。

 

このように「気にしない」姿勢を保てば、怒られても動じないタフなメンタルを身につけることが可能です。

メンタルの強い人は前向きで諦めないので、会社においても出世しやすい傾向にあります。

 

常にどーんと構えて、打たれ強く動じない鋼の精神を手に入れましょう。

 

怒られてばかりで辛すぎるなら転職も考えよう

 

「やっぱり怒られてばかりの毎日は辛い…」

「怒られないよう努力してみたけどもう限界…」

 

このように、どんなに頑張っても怒られる状況から脱せない場合は、今の会社を辞めて転職しましょう。

リクルートエージェントやマイナビエージェントなど、業界大手の転職サービスを使えば、転職未経験者でも安心です。

 

自分に合う会社を見つけられれば、怒られる頻度が格段に減るかもしれません。

また転職エージェントではホワイト企業が多く紹介されているため、理不尽な怒りをぶつけてくるブラック企業とも出会いにくいでしょう。

 

もちろん登録にあたりお金は一切かかりません。

気になる人は登録だけでもしておきましょう。

 

まとめ

 

仕事で怒られてばかり…という人は、まず自分に問題点がないかを冷静にチェックしてみてください。

どう考えても理不尽な怒られ方が続くようであれば、無理せず辞めてOKです。

しかしミスの連発など、明らかな問題点がある場合は改善できるよう努めましょう。

 

めげず、挫けず、小さなことにこだわらず、何度でも立ち上がり苦しみを乗り越える!

そうすることで、今よりもっと強いメンタルを作り上げることができます。

 

ぜひ気持ちを強くもって、自分のできるところまで頑張ってみてくださいね。

ハローワークはもう古い!全て無料の転職エージェントを活用しよう!→おすすめランキングはこちらから

-人間関係の悩み, 正社員の悩み

Copyright© ジョブリン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.