20代から30代のための仕事相談所

ジョブリン

収入、お金の悩み

給料が安い人に送る収入アップ術/転職か副業で生活を楽にしよう

更新日:

給料が安い

「給料が安い!」

これって日本に住んでいる人のほとんどが感じていることなのではないでしょうか。

 

これより先は年収500万円以上の人は全く参考になりません。

収入が少ない、給料が安い、生活が苦しいって人におすすめしたい記事となります。

 

この記事で分かる事

皆の年収は?

収入を上げる方法

 

一般労働者の平均年収

厚生労働省の平成29年発表の資料によると一般労働者の平均賃金は男女計304万円です。

詳しくは下図をご覧ください。

 

平均年収

参照 厚生労働省

 

男性平均が335万円、女性が246万円です。

 

正直なところ、20代前半なら年収は330万くらいあれば生活は出来ます。

ただ、20代後半を過ぎてくると年収330万円ほどだと生活するのに手いっぱいで貯金や一人暮らしが出来ませんよね。

 

給料が安いと生活が苦しい

給料が安いと生活がきつい

上述したように給料が安いと生活が苦しくなります。

まして手取り17,18万円ほどって人だと貯金も出来ませんよね。

 

実家に住んでいれば多少は大丈夫かもしれませんが1人暮らしをしてしまうと家賃、光熱費、通信費、車の維持費、各種保険費、食費、雑費…トータルで15万円ほどかかっていると思います。

特に若い時期は遊びたい年ごろです。

遊び費用は月に2,3万円はかかりますよね。そうなってくると貯金が出来なくなってしまいます。

30過ぎてからまず思ったことは「貯金しとけばよかった」これは散財してきたアラサーの誰もが思うことです。

 

生活が苦しいなら節約をすれば良いと考えていませんか?

それは間違っています。収入をアップさせればよいんですよね。

 

収入が低いなら副業を考える

会社の給与が低いなら副業をすれば良いんです。

給与の他に月5万円入ると考えるとだいぶ生活が楽になりませんか?

 

在宅でも稼げる副業をこちらの記事で紹介していますのでぜひご覧ください。

 

ネット上で出来るのはクラウドワークスやココナラがお勧めです。

月に数万円稼ぐのは誰にでも出来ることです。ぜひトライしてみて下さいね。

 

もっと収入を上げたいなら転職もあり

給料が安いなら転職しよう

手取りが14万円しかないって人なら転職をオススメします。

18万円くらいの給与があれば副業して数万円稼げば20万以上の稼ぎになります。

あまりにも手取り額が低いって人には転職も視野に入れたほうが良いかもしれません。

ハローワークや転職エージェントに相談してみて下さいね。

私のオススメは転職エージェントに相談することです。

自分に合った企業を紹介してくれますし、給与の交渉なども無料でおこなってくれます。

利用しない手はありませんよね。

リクルートエージェントやDODAなどのエージェントがお勧めです。

複数社登録して求人を探してみて下さいね。

 

収入を上げる方法

収入を上げるのは自分から動くしかありません。

動くと言ってもサービス残業などのお金にならないことをしていても仕方ありません。

 

給料が安いと感じていて収入を上げたいと思ったらやることは2つ。

 

・転職する

・副業する

 

今の時代は副業にも注目が集まってきています。ニュースなどで見かけたこともあるのではないでしょうか。

 

 

最後に

収入が少ないと生活が大変ですよね。

物価ばかり上がって日本全体の給与平均って10数年前とほとんど変わってないんです。

 

そんな世の中だからこそ副業したり、転職して自分で収入を上げるようにしなければならないと思います。

本業に支障のない程度にチャレンジしていく必要があるのかもしれません。

-収入、お金の悩み

Copyright© ジョブリン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.