20代から30代のための仕事相談所

ジョブリン

収入、お金の悩み

給料が安いから辞めたいという悩みを解決して転職を考えるべきポイント

更新日:

いま、一生懸命仕事をしていても、給料が安くて、生活はかろうじてすることができたとてしても、貯金にまでなかなか目が向かないという悩みを持っている人たちがいます。

 

実際に、社員として仕事をしていても結構満たされていない人たちもいます。

社員というは契約なので、一度入社したらやめづらいと思っている人たちもいます。

果たして、みなさんの現状とっている立場が正しいのでしょうか。

仕事に悩みを持っている人たちにいいアドバイスが出来れば思います。

→転職して給料をアップさせたいなら転職のプロに相談しよう!



 平均的な給料はどれくらい?

実際にみなさんは、正規雇用として仕事をして、どの程度お金をもらっているでしょう。

アルバイトで頑張っているという人たちもいるでしょうけど、月々の給料は正規雇用よりも高いという人がいますが、ボーナス、福利厚生のことなど考えると、正規雇用のほうがやはり有利です。

正規雇用は、長く勤務して、アルバイトよりメリットか出るという言い方も正しいですが、満たされない会社も存在しているので、なんとしても頑張るという姿勢もときとして正しくはないのではないでしょうか。

そのような判断は自分自身でしなければなりません。

あなたは現在、平均に給料が達しているかというのも見極め方のひとつです。

 

20代前半全体の平均月収は21.1万円とされています。

男性22.6万円、女性19.4万円ということなので、男性と女性には、ここで既に3.2万円の差がありますが、全体を通せばそれほど大きな差ではありません。

50代の男性となれば、平均約56万円にまでアップさせることができ、女性は20万円台いう感じでほとんど横ばいです。

 

もちろん、今後はこのような問題も解消されていくでしょうし、いかなければなりません。

月々、22.6万程度なら、なんとか生活できるという人たちもいるでしょうけど、決して生活レベルが高いとはいうことができません。

 

実家から通っている人と、賃貸を借りている人では大きな差が出てきます。

ギリギリ生活をすることができても、貯金まで辿り着けないという人たちも大勢います。

 

給料が安い理由

しかし、平均値はギリギリでも、実際にもらう給料はそれ以下という人たちも大勢います。

女性の人たちもそうであり、みなさんはそのとき、なぜかということを追求する必要があるのではないでしょうか。

 

貯金、結婚のために年収はどれくらい必要なの?

あるアンケートも結果、女性が男性に求める年収は500~599万円です。

女性も人たちも1,000万円という高望みをしている訳ではありませんが、それでも、その理想に届かない人たちが大勢います。

 

つまり、給料が低いということは結婚をあきらめなければならないことでしょうか。

結婚しないと決めれば、気分も幾分楽かもしれませんが。

 

給料が安くて会社を辞めるべき人はこんな人

給料が安いから会社を辞めるべき人はいます。

やはり、データを知り、正しく把握することではないでしょうか。

ときどき、「社畜」という言葉を聞くことがあります。

社畜として訓練されて、給料きが安いまま昇給がなかろうが辞めたいと言わない人材が育成されることになります。

辞めたいと思わず自分の給料を削っても企業に利益を出さなければという認識を持つようになれば、まさにあなたが、社畜化してしまった結果です。

 

そのような社畜化してしまう前に、辞めたいと思い続けて転職しなければ手遅れになってしまうでしょう。

→転職して給料をアップさせたいなら転職のプロに相談しよう!



給料が高いおすすめの業界

実際に銀行や証券会社など、給料が高いというイメージがありますが、なかで仕事をしている社員にはほとんどそのような実感がないのではないでしょうか。

現在、これは高い離職率からも、そのような事態をうかがい知らせてくれることでしょう。

現在、三大メガバンクや有名証券会社は3年以内離職率が30%にも達しているということです。

 

仕事と給料が割に合わないと言う気持ちが起これば、もう落ち着いて仕事をすることができないでしょう。

一方でメーカーに就職している人たちが満足しているということでは決してありません。

新卒で就職する限り、社会は給料が安いと感じるシステムになっているともいうことができます。

 

低賃金で有名な業界と言えば「介護」や「飲食」などの「サービス業」でしょう。

辞めたいほどの安い給料、そして激務は、このような業種にも起こっています。

体力のある若い人たちなら、まだ辞めたいと言わずしのぐことができたとしても、そのような仕事は基本長続きさせることが不可能です。

給料が安いまま、サービス残業やサービス休日出勤が多く、過労死と直面するような人たちもいます。

過当競争に陥り、特に、サービス業の給料は期待出来ないと言われています。

サービスに対して、大きな工場はないですし、IT技術もいらないので、手っ取り早い方法でスタートでき、多くの企業が参入して過酷な競争に晒されてしまうことになります。

味も品質も変わらないというのならお客様も、安いほうがいいという選択をするでしょう。

価格を下げるためには、店の賃料、電気代、設備代などの企業努力をするでしょうけど、やはり、同時に人件コストを削減するという意識に結びつくはずです。

あなたの勤務している企業は、ブラック企業かもしれません。

しかし、ブラック企業だと判断したところでなかなか離脱出来ない難しさを抱えていること自体が問題なのではないでしょうか。

お金がなくても夢を食っていけば生きていけるなどと言う気持ちで仕事をしている人たちがいますが、まさに、そのような思いこみは、ブラック企業によって去勢されてしまったのかもしれません。

 

そのような社員がほとんどかと思えばそうではなく、高収入サラリーマンは実際に存在します。

それは、そのサラリーマンが、短時間で大金を稼ぎ、会社に利益をもたらしているからです。

 

いま、社員個人個人に、アイデア・センスだったり、投資ノウハウだったり、頭の回転の良さなどが要求され、レベルの高い人間なら、もっと高い給料を得ることができます。

決して楽して稼ぐことができるということではありませんが、あなたがそのような人材なら、ブラック企業に留まるほど馬鹿げたことはありません。

 

給料が高いおすすめの職業

 

やっぱり、給料の高い企業を目指していくべきです。

システムエンジニア:538万円

薬剤師:529万円

診療放射線技師:514万円

公認会計士:713万円

一級建築士:580万円

不動産鑑定士:629万円

など高い給料の仕事は確実にあります。

みなさんの努力で給料はアップさせることができます。

 

転職するなら転職エージェントを利用してみよう

 

みなさんが辞めたいと考えるのなら、転職エージェントを是非活用してみましょう。

無料で利用出来、転職エージェントなら、非公開の求人に応募することができます。

非公開求人数が約80%、転職エージェントを利用する様々なメリットがあります。

上述した給料の高い仕事はハードルがやや高すぎなら、もう少し低い仕事を紹介してもらいましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。

いまの安い給料で辞めたいと言わず耐えることができるかもしれません。

しかし、考えるのはいまではないでしょうか。

みなさんが社畜化する前にしなければならない行動があります。

→転職して給料をアップさせたいなら転職のプロに相談しよう!



-収入、お金の悩み

Copyright© ジョブリン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.