会社を辞めさせてくれない人の悩み

人材不足で辞めさせてくれない会社を【必ず】辞められる方法

投稿日:

多くの会社で人手不足が嘆かれる昨今。

それゆえ「会社の人手不足が原因で仕事が辞められない」という人も増えています。

会社に強く引き止められるとなかなか断れないでしょうし、仲間のことを考えるとなおさら辞めにくいなと感じてしまいがちです。

 

しかし、自分の意思を受け入れてもらえないまま働き続けるのはとても辛いですよね。

辞めたいのに辞められないという状況はなんとも歯がゆいものです。

 

そこで今回は、会社が人手不足になる原因や、スムーズな辞め方についてご紹介します。

 

会社が人手不足になる原因

ひとりの社員を引き止めるほど人材が不足する原因とはなんなのでしょうか?

ここでは会社が人手不足に陥る大きな原因をいくつかあげてみます。

 

ストレスだらけの人間関係

 

「嫌な同僚や後輩と合わず、うまく仕事が進められない」

「パワハラ上司や社長のやり方に疑問を感じる」

こうした悩みやストレスを理由に仕事を辞める人はとても多いです。

そのため社内の人間関係が悪いと離職率が高くなり、結果として人材不足に陥ってしまいます。

 

もちろん自分と合わない人もいて当然です。

ただ仕事に悪影響を及ぼすほどになると問題ですよね。

 

働くうえでの条件が悪い

 

長時間労働や給料の安さなど、働くうえでの条件が悪すぎることも離職率の高さに繋がります。

 

「これだけ働いているのに残業代もロクに出ない」

「仕事で成果を出しても全く評価が上がらず給料もアップしない」

そんな状態が続くことで不満が募り、こんな仕事やってられないとして会社を辞めてしまうわけです。

 

このような場合、条件や環境の悪さを改善しない限り、人手不足解消は難しいでしょう。

 

やりがいが無い

 

多少辛いことがあっても、仕事にやりがいを感じていると「もう少し頑張ってみようかな」と思えるものです。

しかしやりがいが全く無いと、モチベーションはだだ下がりです。

「いつまでもこんな会社に居ていいものか?」という疑問もわきます。

 

多くの社員が「やりがいを感じない」と思ってしまう会社。

そんな会社も人手不足に陥りやすいと言えるでしょう。

 

人手不足の会社を上手に辞める方法

「人手不足で大変なのはわかるけど、それが原因で辞められないだなんて正直いい迷惑だ…」

仕事を辞めさせてくれない状況が続くと、自分の中で常にそんな本音が渦巻くようになるでしょう。

またほとんどの人が「なるべく穏便に退社したい」と思うものです。

 

そこでここでは、人手不足の会社を上手に辞める方法をご紹介します。

 

1ヶ月~2ヶ月前には告げよう

 

民法では、2週間前に申告すれば仕事を辞めることが可能と定められています。

ただ会社側からすると、「もう少し早く言ってほしい」というのが本音でしょう。

 

特に人手不足の会社であればなおさらです。

何しろただでさえ人がいないわけですからね。

そんな短期間で代わりの人など見つかるはずがありません。

そうなるとコチラもますます辞めにくくなります。

 

やはり1ヶ月~2ヶ月前など、なるべく早めに伝えるのが一番です。

 

上司が忙しくない時を狙うべし

 

人手不足の会社を上手に辞めたいのであれば、タイミングにも気をつけましょう。

 

例えば忙しい時に話しても適当に流される可能性大です。

さらに「この忙しい時期に辞めるってどういうこと?」と悪印象を抱かせる恐れもあります。

忙しい時期は何かとピリピリしがちなので、そんな時に申告するのは危険です。

 

そのため退職の意思を告げる際は、必ず上司が忙しくなさそうな時を狙ってください。

またイキナリ話そうとせず、「少々お時間をいただきたいのですが…」とアポを取ることも忘れずに。

 

仕事がそれほど忙しくない時期に、ゆっくり話す時間を設けて申告すれば、上司も落ち着いて聞き入れてくれるでしょう。

 

引き継ぎノートを作るのもオススメ

 

仕事を辞める際は、後任者がスムーズに仕事をこなせるよう「引き継ぎノート」を作っておくのもオススメです。

 

もし後任がなかなか見つからなくても、ノートを作っておけばとりあえず業務は進められるでしょう。

本来は簡単なメモや口頭の説明でも十分なのですが、やはり詳細をしっかりまとめたノートの方がより詳しく明確に伝わります。

 

「自分がわかっているから相手も理解している」とは限りませんからね。

いわば引き継ぎノートは残された人への配慮です。

 

人手不足の会社をスムーズに辞めたいのであれば、最後までこうした気遣いをすることもお忘れなく。

 

責任を感じすぎる必要はない

 

人手不足の状態で退職者が出れば、当然残された社員に負担が掛かります。

そのため「自分が辞めたら周りに迷惑を掛けてしまう」と考える人もいるでしょう。

 

しかし、人手不足の状態を作り出しているのは会社です。

すなわち社員には何の責任もありません。

人手不足によって生じる弊害は、社員ではなく会社側がどうにかするべきなのです。

 

人が集まらない、環境が悪い、社員に何もかも押し付けてばかり…。

こんな何の進歩もない状態がずっと続いているって、何だかおかしいと思いませんか?

これではいつまで経っても人手不足など解消されません。

いわば人手不足解消のために有効な努力ができていないわけです。

 

そんな会社に都合よく言いくるめられて退職できずじまいだなんて、何だかバカバカしいですよね。

責任を感じるべきは会社側なので、社員は何も気にする必要などないのです。

 

また「早めに申告する」「引き継ぎノートを作る」など、前項でご紹介した方法を実践すれば、精一杯配慮していることが周りに伝わるでしょう。

 

たとえ人手不足であっても、社員側が責任を感じすぎる必要はありません。

残された人への気遣いさえできればそれで十分です。

 

絶対に会社を辞めたい時の最終手段

「人手不足を理由に、いつまで経っても仕事を辞めさせてくれない…」

「全く辞められそうもなくていい加減疲れた…」

そんな人には最終手段!退職代行サービスをオススメします。

 

退職代行サービスを利用すれば、なんと業者が代わりに退職手続きを行ってくれるのです。

出社することなく退社が可能なので、「もう限界だ」と感じた時にはこうしたサービスを使うのもひとつでしょう。

 

ただ中には怪しい業者も紛れ込んでいますからね。

悪徳業者に引っ掛かって余計なトラブルに巻き込まれないよう、十分注意しましょう。

 

退職代行サービスを利用する際は、EXITやSARABAなど、実績も人気も十分な優良業者を選ぶことをオススメします。

 

転職先も早めに見つけておこう

 

人手不足で仕事を辞めさせてくれない会社にウンザリしたら、早めに転職先を見つけておきましょう。

 

とはいえ、優良企業を見分けるのは思いのほか難しいものです。

また会社の規模や社員数などは調べればわかりますが、内情など詳しいことまで知るのは困難ですよね。

 

転職活動は明るい未来への第一歩と言えますが、実際行うとなると様々な不安が生じるのも事実なのです。

 

しかし転職エージェントを使えば、通常の転職活動では知り得ない情報を手に入れることができます。

企業の人間と実際に話している担当者がいろいろ教えてくれるので、とても参考になりますよ。

 

また転職エージェントには非公開求人も数多く集まっているので、必然的に優良企業との遭遇率も高くなります。

転職に関する相談もできますし、自分だけで探すよりも遥かに効率が良いと言えますね。

 

人手不足の会社に見切りをつけたら、転職エージェントに登録して新たな仕事先を探しましょう。

 

まとめ

 

今回は「人手不足で会社を辞められない」という問題についてまとめてみました。

 

会社が人手不足だとなんとなく辞めにくさを感じるでしょう。

しかし実際は、会社に対してそこまで気を遣う必要はありません。

最低限の配慮さえしておけば問題ないので、限界だと感じたら今すぐ退職・転職活動を行いましょう。

ハローワークはもう古い!全て無料の転職エージェントを活用しよう!→おすすめランキングはこちらから

-会社を辞めさせてくれない人の悩み

Copyright© ジョブリン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.