20代から30代のための仕事相談所

ジョブリン

派遣社員の悩み

派遣会社に登録しても仕事が決まらない原因と対処方法

投稿日:

一昔前まではあまり馴染みの無かった派遣という雇用体系ですが、近年ではほとんどの企業が一定の契約期間に労働力を確保出来る点、正社員と比較すればコスト面に優れている点から派遣社員を雇用しており、業界の一つの柱として多くの人材派遣会社が求人を取り扱っています。

 

しかし、複数の派遣会社に登録しているものの、なかなか仕事が決まらず、苦戦している人も多いかと思います。

その理由は一般的な正社員と派遣社員では企業が求めるものが異なる為です。

 

今回は派遣社員が内定を勝ち取る為にどうすればよいかという点について詳しく見ていきたいと思います。

 

派遣の仕事が決まらない理由

まずは派遣の仕事が決まらない原因について見ていきましょう。

 

希望している条件の不一致

一番多い理由は「条件の不一致」でしょう。

派遣社員は一般的な正社員と異なり、給与体系は「時給制」になります。

その為、時給の高い低いで収入に直結することになる為、多くの派遣求人者は時給に下限を設けていることかと思います。

しかし、時給の条件を上げれば上げる程、応募者も多くなり、その結果、仕事が決まりにくい悪循環に繋がっているケースがほとんどです。

休日や残業も同様で、条件の不一致が仕事が決まらない根幹と言えるでしょう。

 

自分自身のスキル不足

次に紹介する仕事が決まらない理由は「スキル不足」です。

多くの派遣会社は登録する際に、基本的なパソコンスキルや資格の有無、これまでの職歴等を確認し、その経歴を踏まえた上で、求人を紹介することになります。

つまり、あなた個人のスキルが、見合った求人へと直結する訳です。

「全然良い仕事が紹介されない。」、「求人の質が悪い。」等と言い訳をして、仕事を決めきれないケースも決して少なくありません。

 

上記以外にも、コミュニケーション能力不足や派遣会社への登録が少ないこと等も仕事が決まらない要因として挙げられます。

 

では次から仕事を決める為にどうすれば良いかという点について見ていきます。

 

派遣社員に求められるもの

ここでは企業が派遣社員に求めるものについて理解して頂きたいと思います。

 

コミュニケーション能力どの仕事でも必須

ほぼ全ての企業が派遣社員を求める際はコミュニケーション能力の有無を求めています。

挨拶や会話は勿論ですが、基本的なビジネスマナーや報告・連絡・相談、チームで協力して仕事をする対応能力等が高い人を求めている傾向が強いです。

新卒とは異なり、派遣社員は社会を経験している分、早い段階で会社に馴染み、仕事に臨める点が非常に重要になります。

 

基本的なPCスキル

派遣社員の募集が多い事務職では特に企業としては「情報処理能力」を求めています。

PCのタイピングからワードやエクセル、パワーポイント等が出来るか出来ないかで大きく内定に影響するとも言えます。

実際に私の会社で働いている派遣会社の事務職の人も非常に高いパソコンスキルを持っており、正社員以上にスピーディーな仕事振りをされています。

やはりパソコンが仕事の中心となっている今、どれだけパソコンスキルは高ければ高い程、企業としてはメリットが大きいことに直結するでしょう。

 

では実際に下記で内定を勝ち取る具体的な方法を紹介していきます。

 

派遣会社の登録数を増やす。

まず派遣で仕事を決めたいのであれば、紹介してもらえる求人を増やすことをお勧めします。

実際に下記のデータを見てみましょう。

 

上記データによると、およそ7割の人が2社以上の派遣会社に登録していることが分かります。

就職活動全般に共通して言えることですが、{求人を増やす=選択肢が広がる」ことに繋がります。

 

冒頭に紹介した通り、現在の人材派遣業界は非常に活性化しており、かなり多くの派遣会社が存在する為、複数登録することで、大きな恩恵を受けることが出来るでしょう。

派遣会社を複数登録することは、時間も手間もかかることも事実ですが、内定への近道になるかと思います。

 

アピールする資格を取る

ここまで紹介してきた通り、派遣社員にはスキルが求められることが理解出来たかと思います。

私は派遣を目指す人にはぜひ「マイクロオフィススペシャリスト」の資格取得をお勧めします。

マイクロオフィススペシャリストとは一般的なワード、エクセル、パワーポイントのスキル表す資格の一つです。

難易度も比較的低く、1~2週間の学習期間で習得可能な点も非常に魅力が大きいでしょう。

パソコンスキルを高めることは作業効率が上がり、今後のあなたの人生に大きくプラスになります。

 

そして資格があることによって、求人の質や紹介の数も増え、内定率や年収アップにも繋がります。

時間があるのであれば、一度資格取得を優先し、再度派遣を探す方法も一つの手段ではないかと思います。

 

 

まとめ

今回は派遣の仕事を決める方法について紹介してきました。

派遣社員という存在は近年、企業に必要不可欠な存在として確立してきた為、求人数も増えていますが、求めるスキルも年々上がってきている実情も存在します。

その為、正社員の面接とはまた異なった採用基準等があり、上手く当てはまらなければ、なかなか仕事が決まらないこともあるかと思います。

派遣として働くという強い意志があるのであれば、今回の記事を参考にしてもらえれば、仕事を決める可能性も高くなるかと思いますので、是非頑張ってもらいたいと思います。

-派遣社員の悩み

Copyright© ジョブリン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.