正社員の悩み

「今日は日曜…明日(月曜日)は仕事に行きたくない」と思ったらやるべきこと

更新日:

日曜日の夜は憂鬱で仕方ないという人、多いですよね。

「寝たら月曜日の朝になってしまう」と思うと、眠ることすら嫌になるでしょう。

 

また日曜日の夜というと、ちょうど国民的人気アニメ「サザエさん」が放送される時間帯です。

そのため日曜日特有の憂鬱な状態を「サザエさん症候群」と呼ぶんだとか。

 

「明日からまた月曜日が始まる…」

「仕事に行きたくないなあ…」

そんな苦痛に苛まれた時、一体どうすればいいのでしょうか?

 

月曜日に「仕事行きたくない…」と感じる原因

まずは月曜日の出勤が憂鬱に感じてしまう3大原因について見ていきましょう。

 

土日と平日とのギャップ

 

土日のお休みがあまりに楽し過ぎると、「この楽しさがずっと続けばいいのにな」と思うもの。

しかし実際は、楽しい週末がずっと続くだなんて無理な話ですよね。

そのため日曜日の夜あたりになると、「もうすぐ楽しい時間も終わりか…」と、一気に現実に引き戻されてしまうのです。

 

愉快な土日vs労働尽くめの平日、この強すぎるギャップが憂鬱な気持ちを引き起こすと言えます。

 

仕事がたまっている

 

会社を休めば、当然休んだ分だけ仕事がたまります。

そのため休み明けの月曜日は、どうしても通常時より仕事量が多くなりがち。

ゆっくり過ごせた週末から一転、膨大な量の仕事に追われる慌ただしい月曜日が始まるわけです。

いつもよりたくさんの量の仕事が待っている…と思うと、それだけで疲れますね。

 

そもそも仕事自体が辛い

 

今の仕事に不満があると、会社に行くのが辛くなります。

もちろん、そもそも仕事自体が嫌なわけですからね。

月曜日以外の日もどんより暗い気持ちになるでしょう。

 

しかし月曜日は休み明けということもあり、他の曜日よりさらに憂鬱さを感じやすい日なのです。

「仕事なんて嫌だ」という気持ちに拍車をかける魔の曜日と言えますね。

 

 

月曜日に仕事に行きたくない時の対処法

ではここで、月曜日に仕事に行きたくない時の対処法についてご紹介します。

 

「次の土日」を目標にする

 

楽しい週末と辛い平日のギャップに悩まされるのであれば、その「楽しい週末」を目標にして働くことをおすすめします。

 

目標・ゴールが全く無いと、辛い日々を乗り越えるのは難しいです。

例えば暗い洞窟の中を走り続けるシーンを想像してみてください。

どこに出口があるのかもわからない、休息地点すら不明、そんな何のあてもない状態で走り続けるのは辛いですよね。

 

しかし「これを頑張れば○○がある!」と思えば、自然とファイトが出てヤル気もわいてきます。

 

月曜日の出勤が苦痛な時は、「次の土日」を目標にして前向きに頑張ってみてはいかがでしょうか?

 

たまった仕事は分散させる

 

土日に休んだ分の仕事がたまっている場合は、その仕事をうまく分散させましょう。

月曜日にまるごと全てこなそうとするのではなく、翌日の火曜日以降など別の日に回し、バランスを調整してみてください。

またどうしても自分だけでこなすのが難しい時は、部下や同僚など周りの社員に協力してもらいましょう。

 

「月曜日の日に一気に片付けなくてもOK」

「頼めそうなら周りにお願いしてみよう」

こう思うだけで気持ちが少し軽くなります。

 

週末の過ごし方を見直してみる

 

週末の休みになると、ついダラダラ過ごしてしまいがちです。

 

もちろんダラダラできるのも休日ならではの特権でしょう。

しかしノンビリした状態を味わってしまうと、月曜日からシャキッと気を引き締めることが難しくなります。

平日と週末のライフスタイルに差がありすぎると、上手くスイッチが切り替えられなくなってしまうのです。

 

「確かに土日はダラけがちかもしれない」

「休みだと昼過ぎまで寝てしまう…」

そんな人は、一度週末の過ごし方を見直してみるのもいいかもしれませんね。

 

美味しい食事でテンションアップ

 

月曜日の憂鬱な気分を吹き飛ばしたい時は、ぜひ美味しい食事を用意してみてください。

 

「食べ物くらいで落ち込んだ気持ちが改善されるものなの?」

そう思う人もいるかもしれませんが、やはり人間にとって食は大切です。

食欲は三大欲求のひとつですし、暮らしにおいても「衣食住」として重要な位置づけになっていますよね。

実際のところ、美味しいものを食べて気持ちが満たされる人も多いのではないでしょうか?

 

ちょっと豪華なランチにしたり、高級なお弁当を買ってみたり…。

憂鬱な月曜日は、いつもより食事にこだわってみることをおすすめします。

美味しい食事を楽しんで、身体だけではなく心のエネルギー補給も行いましょう。

 

曜日関係なく会社が嫌なら転職も

 

「月曜日以外の日にも仕事が嫌だなと感じる…」

そんな人は、根本的に環境を変えた方がいいかもしれません。

要は思い切って転職をするということです。

 

もちろん転職というのは人生において大きな出来事です。

いくら今の仕事が嫌だとはいえ、そう簡単に決断できないかもしれません。

しかし定年するまでずっと憂鬱な日々が続くだなんて、考えるだけでゾッとしませんか?

 

また今は、転職エージェントといった便利なサービスも当たり前に存在しています。

こうしたサービスを有効活用すれば、自分で思い描くよりスムーズに転職活動を進めることができるでしょう。

 

もはや曜日関係なく仕事が嫌なら、退職・転職するのもひとつです。

 

月曜日の仕事が苦ではない人もいる?

「日曜日のまま時が止まってほしい」

「月曜日が来るのが嫌だな」

そう感じる人がいる一方、月曜日の仕事が苦ではない人もいます。

 

・休日も楽しいけれど仕事もそれなりに楽しい

・週末とのギャップを感じない

・仕事量の変動がない

 

このような場合だと、月曜日に対してそれほど嫌な感情はわかないでしょう。

月曜日の仕事が嫌な人からすると羨ましい限りと言えます。

 

週末とのギャップや仕事量の変動は、自分のやり方・心がけ次第でなんとか対処できるかもしれません。

 

ただ仕事が楽しいと感じられるかどうかは、仕事の相性や向き不向きによりますからね。

 

どうしても自分で解決するのが難しい場合は、やはり転職が一番かもしれません。

 

憂鬱な日曜日を乗り切るおすすめの過ごし方

月曜日の襲来を考えると、気持ちが重たくなってしまいますよね。

そこでここでは、憂鬱さ漂う日曜日を乗り切るおすすめの過ごし方をまとめてみます。

 

あえて仕事モードに持っていく

 

休日モードの状態を月曜日の朝に突如切り替えるのは、なかなか大変なことです。

そのため日曜日の夜は、あえて少しだけ業務に携わってみるのもいいでしょう。

 

もちろん本格的に取り組む必要はありません。

メールチェックやちょっとした書類の整理など、簡単なものでOKです。

 

あえて仕事モードに持っていき慣らしておくと、憂鬱さを感じにくくなるのでおすすめです。

 

ほどほどに動く

 

土日2日間のんびりダラダラ、その後すぐさま5日間仕事。

これでは身体がついていけなくて当たり前です。

「明日からまた仕事だなんて…疲れるなあ」という気持ちがさらに強まってしまうでしょう。

そのため休日最終日である日曜日は、ほどほどに動いた方がいいと言えます。

 

買い物帰りに散歩をしてみたり、夕飯は外食にしたり、なんでもいいので外出する機会を設けてみてください。

適度に動いておくことで、月曜日からの活動に対応しやすくなるでしょう。

 

また外の空気に触れると、リフレッシュして気分が晴れやかになります。

「落ち込んだ気持ちを復活させる」という、精神的な部分においても有効です。

 

何も考えずとことん休む

 

「日曜日の夜になると寝つきが悪い…」と悩む人は多いです。

明日から仕事が始まると思うと、気持ちが落ち着かなくなり、なかなか寝付けなくなってしまうんですよね。

 

そして寝不足状態に陥るとますます仕事が辛くなり、余計に出勤が億劫になります。

まさに負のスパイラルと言えるでしょう。

 

確かに日曜日の夜は、月曜日が苦痛な人にとって最も苦しい時間帯です。

しかし考え過ぎるあまり睡眠不足になってしまうと、なおさら月曜日が辛くなります。

そのため日曜日の夜は何も考えず、グッスリ休むことに集中してください。

少し早めに入浴して身体をあたため、美味しい夕飯を食べて、面白い映画・テレビ・本などでリラックスして床につきましょう。

 

日曜日の夜にアレコレ考えてしまうのは禁物です。

しっかり休息をとり、辛い月曜日に備えましょう。

 

 

月曜日ならではの楽しみを見つけてみよう

月曜日が苦痛だと、つい「辛い」「苦しい」という点にばかり着目しがちです。

しかし月曜日ならではの楽しみを見つけることで、逆に月曜日が楽しい日に変わることもあります。

 

・仕事が終わったらビデオ屋に寄ってDVDを借りよう

・帰りに飲み屋で一杯もいいな

・友人を誘って食事にでも行こうかな?

 

など、楽しい予定を入れれば途端にワクワクした気持ちになるでしょう。

 

またツイッターをチェックすると、多くの人が「月曜日の楽しみ」を見つけていることがわかります。

 

 

「○○のおかげでむしろ月曜日が楽しみ」

そう思える何かを探すことも大切です。

 

まとめ

 

週の始まりである月曜日、どうせならスッキリ明るい気持ちで迎えたいですよね。

 

気持ちが沈んでいると仕事面にも悪影響を及ぼす恐れがあります。

何より精神的にもよくありません。

 

今回ご紹介した対処法を参考に、どんより暗くなりがちな日曜日・月曜日をうまく乗りきりましょう。

ハローワークはもう古い!全て無料の転職エージェントを活用しよう!→おすすめランキングはこちらから

-正社員の悩み

Copyright© ジョブリン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.