20代から30代のための仕事相談所

ジョブリン

フリーター、ニート

フリーターが就職するならエージェントを利用するべき?失敗しない就職方法は?

更新日:

こんにちは。ジョブリンの丸井と申します。

 

現在フリーターでこれから就職をしようと考えている人に向けて失敗しない就職方法を解説していきます。

 

就職方法の一つとして就職支援サービス(転職エージェント)を利用することが挙げられます。エージェントを利用する人は年々増えてきています。

もうハローワークは信用できないって人も多いんですよね。

 

就職に失敗しないため、さらにはより良い就職したいって人に向けて記事を書きましたのでぜひ最後までお付き合いください。

→フリーターが仕事を探すなら「就職Shop」

フリーターが就職に失敗しないために必要なこと

フリーターが就職に失敗しないための絶対条件として企業の情報を知る事が挙げられます。

 

内部事情を知るための手段

・企業のIR情報、四季報などで情報を探る

・実際に働いている人から情報を得る

 

企業のIR情報で企業の動きをみることが出来ますし、四季報を見れば会社の動向、平均年齢などを知ることが出来ます。

ただ、これだけだと情報が少ないんですよね。

最も重要なのは生の口コミです。これを得るためには働いている人、もしくは働いていた人から直接話を聞くことです。

 

この2つをしっかりとリサーチすることで就職に失敗する可能性を少しでも減らすことが出来ます。

しかし、働いている人からの情報はなかなか貰えません。そこで友人や家族などからの紹介、縁故募集が最良の選択となります。

 

縁故募集が就職に失敗しないわけ

縁故募集なら働いている人からの紹介だと考えられます。

これは本当に失敗することが少ないです。

企業の内部事情、給料から有給の取得状況、職場の雰囲気など全て聞いて事前情報として良い企業なのか判断することが出来ます。

会社を退職する最も多い理由が入社前の企業イメージと入社後の企業イメージに差があって辞めてしまうことが挙げられます。

 

これを回避するためには事前情報をどれだけ得られるかにかかっています。

ただ、働いている人に知り合いがいるとか、知り合いに働いている人がいなければ情報を得ることは出来ません。

そこで活躍するのが就職支援サービス(転職エージェント)です。

 

転職エージェントを活用するべき理由

転職エージェントは就職する時にも利用することが出来ます。もちろんフリーターでも大丈夫です。

上述したように就職活動において情報が最も重要です。

企業の情報を持っているのがエージェントです。

 

転職エージェントを簡単に説明

転職エージェントって何?って人のために簡単に説明します。

企業と人材をつないで就職、転職を行う仲介人のことを指します。企業側の要望と人材側の要望をすり合わせて給料や休みなども調整してくれます。

こちら側のメリットとしては調整だけでなく、履歴書の添削や面接対策も一緒におこなってくれます。

 

縁故募集のツテがない、働いている知り合いがいないって人には就職支援サービス(転職エージェン)を利用することをおすすめします。

 

おすすめのエージェント

ハタラクティブ

ハタラクティブはフリーターに特化した就職支援サービスです。

デメリットとしては地域が絞られていて関東にしか支店がありません。

その分厳選した企業を取り扱ているのがハタラクティブです。

→ハタラクティブ公式サイトはコチラから

 

就職Shop

フリーターやニート、既卒が利用できる支援サービスです。

関東だけでなく関西にも店舗を持っていてますので東京近辺以外でも大丈夫です。

職歴なし、未経験でもOK。大企業だけでなく中小企業も多く登録されていますので安心できます。

→就職SHOP公式サイトはコチラから

 

リクルートエージェント

就職業界最大手のエージェントです。フリーターでも応募できる就職支援サービスです。

全国に店舗を持っていますのでどなたでもOK。

文句なしで鉄板就職支援サイトです。

→リクルートエージェント公式サイトはコチラから

 

エージェントを複数登録したほうが良い

エージェントを利用する料金は無料です。

そのため、1つと言わずに2,3つ登録しておきましょう。

ハタラクティブにはなくて就職Shopにはある、その逆も同じです。自分が希望している職種、条件に近い企業を探すためには複数エージェント登録をした方が失敗する可能性も下がります。

無料だから出来る技です。

実際にエージェントに確認したところ、やはり複数登録をしている人が多いようで他のエージェントに人材が流れてしまったと悩んでいるようでした。エージェントとしては企業に紹介すればお金が貰えますからね。

もちろん、こちら側としては料金は一切かかりませんので使い倒してOKです。

 

フリーターを卒業すれば貯金が出来る

私自身フリーターを数年間経験しています。

正直、20代前半までは貯金がほとんどありませんでした。なぜならアルバイトだけだと給料が安いからです。

どんなに頑張っても15万ちょいが精いっぱいだったんですよね。

正社員になればどんなに安くても15万円、むしろ15万しか貰えないなら転職をおすすめします。

そのうえボーナスも貰えますので貯金はどんどん増えていきます。

フリーターを辞める最も強いメリットは貯金が増えることです。

 

最後に

フリーターの最も就職に失敗しない方法は縁故募集か、働いている人から情報を聞いてから入社することです。

縁故募集もない、働いている知り合いがいないって人には就職支援サービス(転職エージェント)をおすすめします。

転職エージェントを利用する時は複数登録することで就職の成功につながりますので検討してみて下さいね。

→フリーターが仕事を探すなら「就職Shop」

-フリーター、ニート

Copyright© ジョブリン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.