20代から30代のための仕事相談所

ジョブリン

30代の転職

30代で運転免許以外の資格なしでも転職できます!アピールポイントや履歴書の書き方も解説します

投稿日:

一通り社会を経験し、新たなキャリアに興味を持ち転職を考える30代。

転職は現在の労働環境や待遇の改善出来る人生における大きなターニングポイントとなります。

30代は企業にとっても求められる戦力の年代、また結婚して家庭を持っている年代ということで、やはり20代と比較すると転職の決断は慎重になってしまいますよね。

特に運転免許以外の資格が無い人は、今より良い会社への転職どころか、そもそも転職が決めることが出来るのかどうか不安に思う人も少なくないでしょう。

今回は「転職」と「資格」をテーマに、私自身の転職経験も交え、詳しく紹介していきたいと思います。

 

資格が必要な職種は少ない

転職は即戦力を求めるもの、つまり資格が無ければ応募すら出来ない企業ばかり。

これが転職を始める前に抱いていたイメージです。

しかし、いざ転職を始めてみて、感じたこと。

「資格が応募条件の求人全然無いじゃん!」

営業や事務の簿記、住宅関係の宅建等が求められる会社もほとんど見られず、資格取得が条件となる求人は恐らく全体の1割も無いのではないかと思います。

 

内定の有無は別にして絶対に資格が必要なんてことは無いのです。

つまり、運転免許だけでも十分に転職では闘っていける!

これはまず覚えておきましょう。

では転職市場の中で企業が何を重要視しているか?

そして資格はどこまで影響力があるのか?

この点について下記で見ていきたいと思います。

 

企業が資格よりも重要視しているポイント

ここでは実際に面接時に採用担当が転職希望者の重要視しているポイントについて見ていきたいと思います。

 

※データ元 : ミドルの転職 面接官が重要視するポイント
下記データは30代のミドル層における転職の重要ポイントです。

 

このデータによると、転職において30代に最も求められているものは、「専門職種における知識、経験」。

やはり30代は同業界等、これまでの知識や経験を活かし即戦力、そして利益に繋がる人材を求めているのでしょう。

 

続く2位も「マネジメント力」というところが30代の転職の特徴とも言えるでしょう。

知識、経験同様、会社の中心人材として将来性を重要視している傾向があります。

それ以降は、「熱意」、「コミュニケーション能力」そして「人柄」等の「人」の魅力。

例え未経験でも仕事への取り組み方ややる気次第では、十分に採用に繋がります。

ちなみに私は同業界への転職になりましたが、結局最後はコミュニケーション能力とやる気だけで内定を勝ち取ったと思っています。

 

さて肝心の資格ですが、なんと10%以下という結果に。

勿論、資格が求められる専門分野の仕事ではかなり重要視されるかと思いますが、一般の転職だけで見た場合はそこまで重要ではないということなのです。

 

重要なことはアピールの仕方

面接というのは履歴書ベースで行われますので、資格があればそれが一つのネタとなり、アピールポイントになるでしょう。

では資格が無いなら、どこでアピールしていくか?という点について見ていきましょう。

上述の採用担当の重要ポイントと重なる部分はありますが、やはり30代の転職では「経験」と「やる気」でしょう。

例えば、専門知識を活かして実際に転職先の会社でどんな仕事をやっていきたいか。

これまでどんな実績を残してきて、自分を採用することでどれだけのメリットがあるか。

この点をしっかり経験をアピールすることで、他の応募者との違いを出し、企業も採用に踏み出しやすくなるかと思います。

また経験だけをアピールするのではなく、会社に対応する柔軟性や新しいことにチャレンジする意欲等、転職した会社での働き方についてもしっかりとアピールしていきましょう。

資格も大事ですが、それ以上に転職内定に繋げるコツはアピール方法ということは意識して面接に臨むことをお勧めします。

 

30代の転職はラストチャンス

転職で求められている年代で最も多いのが30代。

しかし、40代になると転職成功の確率が大きく下がってしまいます。

最初に少し触れましたが、30代は家庭を持っている、会社でも責任ある仕事をやっている人が多いことから、転職に対して踏み切れないこともあるかと思います。

そのまま定年まで働き続ける強い意志があるのであれば、転職は必要ありません。

待遇、労働条件、働きやすい環境を求めるのであれば、需要がある30代という年代を活かすべきかと思います。

現在の転職市場は求人企業の量、質共に非常に堅調、且つ2人に1人が転職経験者という転職ブームということから、非常に転職しやすい環境が整っています。

私自身も家庭を持っての転職ということで不安がありましたが、予定していた期間内に目指していた会社に転職することが出来ました。

転職は大きな決断ですが、決意しなければ定年までの残りの期間、大きく環境が変わることは無いことは理解しておく必要があるでしょう。

 

まとめ

さてここまで「転職」と「資格」をテーマに30代の転職について見てきましたが、どうでしたでしょうか。

資格は沢山あった方が良いに越したことはありません。

(履歴書の資格欄に運転免許だけは少し寂しいですもんね。)

しかし、資格が全てではないことについては分かって頂けたかと思います。

資格とは見える形で知識、スキルを示すことが出来る大きなメリットがありますが、転職選考の中でしっかりと自分の経験や能力をアピールすることが出来れば、それ以上の資格をありません。

資格が無いことが要因で不安に思うことも多々あるかと思いますが、今回の記事を読んで頂き、「転職に資格は絶対条件では無いんだ。」と不安を払拭してもらえれば嬉しく思います。

-30代の転職

Copyright© ジョブリン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.