20代から30代のための仕事相談所

ジョブリン

30代の転職

転職する時の面接で30代が聞かれる鉄板質問/回答例、マナーについて解説

更新日:

こんばんは。ジョブリン編集長の丸井です。

 

30代で転職する時に困るのが面接です。

社会経験がある30代には面接官も期待していますのでアレコレ質問してきます。

 

これから転職しようとしている30代の人に向けて面接で聞かれる質問についてまとめました。

解答例も用意してますので、ぜひ見て行ってください。

 

→面接が不安。面接対策まで万全のリクルートエージェントに相談しよう!



面接のときによく聞かれる質問

面接のときによく聞かれる鉄板質問をまとめてみました。

 

弊社を志望した動機は何ですか?

ほぼ鉄板の質問です。ここで印象付けが行なわれると見てほぼ間違いはないでしょう。

ホームページをチェックして「御社の企業理念に魅力を感じました。」「前の会社の経験が生かせると思いました。」「将来性に魅力を感じました。」

これはダメな解答です。志望動機が曖昧過ぎるんですよね。

 

「実際に御社の商品を利用してみてこんなところに将来性を感じました。」「御社のサービスを利用してココがダメだった、でもクレームを入れたら非常に対応がよく、こんな会社に入社したいと思いました」

こんな感じで具体的な例を挙げるのが説得力を生み出します。志望動機はしっかりと作りこんでおきましょう。

 

前職での業務担当を教えてください。

前の会社での業務内容を聞かれます。これは30代ならなおさら聞かれるでしょう。

20代なら未経験でも全く問題ありませんが、30代は違います。

出来る限り詳しく答えるようにしましょう。

現場に出て第一線で活躍していた、現場は退いてマネジメントを主に担当していたなど、実際に行っていた具体的に答えましょう。

 

弊社ではどんな仕事がしたいですか。

この質問はどれだけ会社について調べてきたかによって変わります。

しっかりと志望する会社のことをリサーチしておけば具体的な内容でどんな仕事があるかを答えられると思います。

応募する会社の業務を洗い出してどんな感じの仕事内容で自分がどう仕事するのかを考えておきましょう。

 

入社条件、収入、残業、転勤などに関して

入社条件や収入(給与)などについても面接で聞かれる場合があります。

自分のスキルに自信がある時は希望額や条件を伝えるべきです。

しかし、自分のスキル、経験、実績などに見合わない条件を提示してしまうと企業側の印象が悪くなってしまうことがあります。

模範解答は「私の実績やスキルを加味したうえで規定通りの条件を提示して頂ければ幸いです。」と答えましょう。

 

30代ならではの質問

20代とは違い、30代だと求められるものも高くなってきます。

そのため、面接時の質問も変わってきます。30代ならではの質問には対策しておくことも大切です。

 

転職する理由を教えてください。

転職回数が少ない人には聞かれないかもしれませんが、30代だとほぼ聞かれると思っておいて間違いありません。

ここで一番答えていけない回答が前の会社の批判です。

ただし、けなすのが良くないのです。悪く回答するのではなく、自分の実績を考慮した上でもっと良い条件の会社を探しているとアピールすることが大切です。

 

管理、マネジメントの経験はありますか?

30代で求められるのは管理やマネジメント能力です。

特に前の会社での勤務年数が長ければ長いほど管理経験がないと不審に思われます。

当然ですよね。何年もいたのに後輩の指導はしてこなかったのかと思われてしまうでしょう。

企業によっては管理やマネジメントの経験がない場合もありますので、その場合には経験がないだけの理由を見つけなければなりません。

 

回答例「管理職には就いていませんでしたが後輩数人の指導にあたっていました。その中で仕事の内容、営業方法、販売実績の作り方などをアドバイスしていました。営業成績の高い後輩も育ってくれました。」

こんな感じで指導したらこのような結果を出すことが出来ましたとアピールすることが重要です。

 

今までの実績を教えてください。

前の会社では営業部門を担当しており売り上げが120%伸びました。行った内容は…。などのように実際に何をしてどうなったかをアピールしなければなりません。

30代は即戦力としても期待されます。入社したからには結果を出してほしいのが企業の考えです。

前の会社で培った経験や実績をなるべく具体的に答えましょう。

 

将来の目標やキャリアプランを教えてください。

将来の目標やキャリアプランなどによってすぐには戦力にならなくとも将来的に戦力として見込めるかを質問してきます。

自分の将来像、短期的な結果、長期的な結果を挙げられるようにしておきましょう。

出来る限りデータをもとに回答するのが好ましいです。

御社の現在の実績が1000万円なので今後は2000万円を目標にします。今後の需要に合わせたプランを構築します。

少し極端ですが数値化して言葉にすることで現実感が増します。

 

→面接が不安。面接対策まで万全のリクルートエージェントに相談しよう!



面接で言っていいこと、悪いこと

面接では会話のキャッチボールをしなければなりません。

いくらスムーズに会話が出来ていたとしてマイナスにつながってしまうこともあります。

言ってよいこと、悪いことを紹介します。

 

面接で言ってはいけないこと

 

前の会社の批判

前の会社の給料が安かった、休みが少なかった、残業が多いなどの批判は言ってしまいがちです。

これを理由に辞めたと印象付けてしまうと自分の会社でも同じことをすると思われてしまいます。要するにすぐに辞めてしまうだろうと面接官は考えます。

 

キャリアを自慢する

自分自身のキャリアを売りにしてアピールすることは絶対に必要です。

しかし、逆に自慢しすぎて面接先の会社を見下していると思われるような言い回しは避けましょう。

キャリアを自慢するのではなく、こんな結果を出せたからこそ御社でも同じ結果を残せますというアピールにしなければなりません。

 

30代で面接に行く服装

リクルートスーツを着ていくのは間違い

20代や新卒者とは違い、30代でリクルートスーツを着ていくことは間違いです。

自分に合ったスーツを着ていくのが良いでしょう。

清潔さやビジネスマナーを守った服装が必要になります。

 

男性なら黒系、紺系のスーツで清潔感を与えましょう。ラインやストライプの入ったものなどは派手な印象を与えてしまいますので避けたほうが無難です。

 

女性の場合でも黒や紺系のスーツが清潔に見えます。明るいベージュやライトグレーなども良い印象を与えることが出来ます。

 

業種に合った服装をしましょう

男性は業種によってスーツを変える必要はありません。

女性の場合は業種に合っているスーツを選ぶことが重要です。お堅い業種なら黒や紺、販売業などは明るめの色で自分をアピールしてもOKです。

アパレル業界などはセンスも服装のセンスも見ている企業もありますので、応募する会社に合わせた服装を研究しましょう。

 

面接ではこちらからも質問をする

当日はこちら側からも質問をすることで自分をアピールすることが出来ます。

逆質問をすることでやる気もアピールすることが出来るんですよね。

入社した後のことを聞いたりしてもOKです。こちらのやる気をアピールできる逆質門を用意しておきましょう。

 

30代が求められていること

30代はキャリアを重視される(20代は将来のポテンシャル重視)

20代とは違って30代になると実績や経験が重視されます。もちろん未経験でも大歓迎の企業もあります。

しかし、多くの企業は即戦力として30代を求めています。

 

部下のマネジメントが出来る

部下のマネジメントの経験、管理能力は問われます。

中間管理職として採用されるときはなおさらです。

今までの実績やこれからのポテンシャルに加えて部下の教育なども求められています。

 

即戦力として期待できる

今までの豊富な経験を活かして即戦力として期待している部分が大きいでしょう。

新卒者は一から教えなければならないのに対して30代で社会経験がある人には一からではありません。

ビジネスマナーなどは十分に勉強していると思っていますので即戦力としての能力も求められています。

 

面接のときには自己アピールを徹底しよう

上述したように30代で転職しようとするとやる気やポテンシャルよりも即戦力として期待されます。

面接対策として今までの自分をどうアピールできるかがポイントになってきます。

面接の回答、服装、マナーをしっかりと熟知し、応募する企業を検討してベストな面接にしましょう。

 

→面接が不安。面接対策まで万全のリクルートエージェントに相談しよう!



-30代の転職

Copyright© ジョブリン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.