20代から30代のための仕事相談所

ジョブリン

フリーター、ニート 30代の転職

30代フリーターで将来が不安な人は見るべし/正社員は正解なのか?

更新日:

30代フリーターだと将来が不安になっているはずです。

このままフリーターだった時の末路は?正社員になるべきなのか?貯金も結婚も出来ない、フリーターだとさまざまな問題にぶつかるはずです。

 

実際にフリーターは正社員になった方が良いと私は考えています。

フリーターの末路、これからの将来について考えていきたいと思います。

 

→30代フリーターならリクルートエージェントで就職しよう!



30代でフリーターの最終的な末路

30代になると周りは結婚したり、管理職になっていたりと自分との違いに劣等感を感じていると思います。

実際に私の友人にも30代でフリーターがいます。

ブラック企業に就職後、精神的に病んでしまい現在は正社員になれない状況が続いています。

私が考えるのはダメだ、ダメだ、ダメだと思っているとさらに状況は悪くなってしまうということ。フリーターだから自分はもうダメだと考えているとさらに底に落ちて行ってしまうんですよね。

思考の話になってしまいますが、あまり深く考えない方が良い方向に転じると思うんですよね。

病気や怪我でどうしても働けない人も多くいます。

 

そこから考える最終的な末路は無理に就職してしまうと行き詰ってしまうということ。

フリーターにはフリーターの良さもありますが正社員で働いた方が絶対に金銭的には楽になります。

 

40代、50代になると身体のガタがくることも予想できます。そうなると医療費もかかります。

そんな時にお金がないでは満足に治療を受けることも出来ません。

病気をろくに治すことも出来ない末路が出てくる可能性もあります。

 

今現在30代でフリーター。将来が不安だと思うならすることは一つ。

就職です。

男性も女性もすべき解決策は一つ、就職しかありません。

 

→30代でフリーター(うつ病持ち)の末路はこちらの記事で紹介しています。

彼自身で執筆していますので参考にしてみて下さい。

結論だけ書いておきますが30代フリーター(うつ病持ち)の末路は就職でした。

 

フリーターのメリット

フリーターだってメリットがないわけではありません。

実際にフリーターで働いた方が給料が大きくなる可能性もあります。

アルバイトなら他の会社でアルバイトすることはほとんど禁止されていません。これが最大のメリットです。

LINEバイトなら良いバイトに出会えるかもしれません。

 

ダブルワークで働けば正社員よりも給料が高くなる可能性もあります。

ただ、朝から晩まで働かなければなりませんので体力的にはきつくなります。

30代前半だと感じないかもしれませんが30代後半になると体力はガクンと落ちていきます。40代になるとさらに落ちていきます。

ダブルワークで働くのは無理があるかもしれません。それならば正社員で働いた方が精神的にも体力的にも楽になるはずです。

 

正社員とフリーターの差

まずはこちらの表をご覧ください。

参照 厚生労働省

 

これは雇用形態別の平均年収を表にしています。

 

30歳~34歳の平均年収(男女計)

正社員 271万円

正社員以外 200万円

 

差 71万円

 

35歳~35歳の平均年収(男女計)

正社員 307万円

正社員以外 203万円

 

差 104万円

 

年収の差は70万円~100万円

この金額は年を重ねれば重ねるほど大きくなっていきます。

40代前半だと141万円、40代後半なら181万円、50代前半だと201万円です。

 

あくまでも平均ですので正直なところもう少し年収に差は出ると思います。

 

月給だと5万~10万円の差がある

月給に換算するとフリーターと正社員では5万~10万円ほどの差があります。

時給がいくらかにもよりますが時給1,000円で150時間働いて15万円です。

 

1日8時間を25日働けば200時間になるんでようやく20万円です。

そこから年金、住民税、健康保険などが引かれますから手取りで言えば15万円ほどになってしまうと思います。

 

30代正社員で額面25万円だとすると手取りは20万円ほどになると思います。

管理職になるとさらに給料は高くなりますので給料には5万~10万円ほどの差があると考えて良いでしょう。

 

貯金も結婚も出来ない?

フリーターで福利厚生費を払ったあとの手取り15万円だと考えてみましょう。

 

1人暮らしをしている場合

家賃 6万円

光熱費 1万円

通信費 1万円

生命保険、車の保険 1万円

車のローン 1万円

食費 3万円

雑費(遊び代など) 3万円

 

トータル16万円

 

生活費が16万円かかってしまいますのでマイナスです。生活費が足りません。

車を持っている場合の計算になっていますので所有していなければ若干は安くなります。

1万円ほどは貯金できるかもしれません。

でも頑張って頑張って1万円貯金できるかできないかって額だと思います。

私もフリーターだった時期がありましたが、貯金は出来ていませんでした。むしろ貯金を切り崩していましたのでマイナスです。

 

フリーターでも結婚は出来る

フリーターに結婚をしてはいけないという法律はありません。結婚は出来ます。

しかしこの状態で結婚するには女性側も収入を持っていることが前提となります。

2人で頑張っていくという気持ちがなければ生活していくにも厳しいでしょう。共働きなら生活は維持できる水準ですね。

ただ、子どもが出来ると生活が維持できなくなってしまう可能性もあります。

 

これらを踏まえると就職活動をして正社員になった方が良いという結論になります。

 

→30代フリーターならリクルートエージェントで就職しよう!



30代で将来が不安と思うなら就職活動を行ってみては?

30代でフリーターをしていると不安や焦りなどを感じていると思います。生きているのもシンドイと感じている人もいるかもしれません。

それを解消するためには就職活動をして正社員になるしかないんですよね。

正社員なら福利厚生もしっかりしていますし金銭的にも余裕が出ます。

就職活動を行ってみても良いかもしれません。

 

20代フリーターなら30歳前に決着をつけるべし

今20代後半でもうすぐ30歳フリーターになるって人も30歳までには将来について考えなければなりません。

このままずっとフリーターで行くんだって人はこの記事のここまでは読んでいないと思います。

そんなあなたにだからこそ就職活動をお勧めします。

 

フリーターでも就職することは簡単である

今は働き手が不足しており、有効求人倍率も2倍近くになっています。今、企業は働き手を求めている状態です。

しかも働き盛りの30代となれば欲しがってる企業はたくさんあります。

 

就職すること自体は非常に簡単です。求人広告、ハローワーク、転職サイトなどを利用すればすぐに就職できるでしょう。

試しにいくつか受けてみて下さい。入る入らないは自由です。本当にすぐに決まるんでびっくりしますよ。

 

失敗しない就職方法

就職先はすぐに見つかるはずです。

でも会社の情報をしっかりと調べないとブラック企業である可能性だって十分にあります。

ブラックでもしっかりと給料が出れば良いでしょう。

 

しかしブラック企業は労働時間が長いだけでなく給料も安いからブラック企業なんですよね。

ハローワークと新聞の折込チラシなどの求人広告はこれが多いと感じています。

 

それならば転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

リクルートエージェントマイナビエージェントの転職エージェントは企業の情報も持っています。

エージェントは企業と人材をつなぐ仲介のプロです。自分にあった企業を紹介してくれますので利用を検討してみて下さい。

 

知り合いからの紹介で就職するのも良いですね。企業の情報や働いている人からの情報も得やすいですからね。

働いている人の情報が一番信頼できます。

絶対に就職に失敗しないためには生の働いている人の声を聞けるのは大きいです。

縁故募集が一番就職に失敗しない方法と言えます。

 

フリーターでもメリットはありますが正社員の方が金銭的には楽かなと思います。

これからフリーターから正社員になろうと考えている人は上記の就職方法を試してみて下さい。

 

まとめ

フリーターの末路。

それは日本の社会全体で考えるべきことなのかもしれません。

ただ、個人として出来ることはやっておくべきです。

貯金もない、医療費もろくに出せない、結婚もできないなんて末路は嫌じゃありませんか?

30代ならまだ間に合います。むしろ30代の強みも持っているはずです。

後ろ向きにならずに前を向いていきましょう。

 

→30代フリーターならリクルートエージェントで就職しよう!



-フリーター、ニート, 30代の転職

Copyright© ジョブリン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.