20代から30代のための仕事相談所

ジョブリン

就職活動中の悩み 20代の転職

20代の男女に送るやりたい仕事の探し方/どうしても見つからないならどうればいいの?

投稿日:

仕事をする気はあるけれど、やりたい仕事が見つからない。

これはなかなかに厄介な状況ですよね。

 

20代でこうした状況に陥ると「このままやりたい仕事が見つからなかったらどうしよう」という不安に苛まれるものです。

 

もちろん「仕事なんてなんでもいい!選ばなければなんだってある!」という考え方も一理あります。

しかし人間関係においても「この人いいな」と思った人と付き合いますよね。

仕事もそれと同じと言えるでしょう。

どうせ仕事をやるなら、自分のやりたい仕事に就きたいところです。

 

そこで今回は、やりたい仕事の探し方や、やりたい仕事で働くメリットについてご紹介。

やりたい仕事がない…と嘆く20代の皆さんに、様々なアドバイスや情報をお届けします。

 

やりたい仕事が見つからなくても当然!?

 

「やりたい仕事が見つからない」と悩む20代は多いです。

ただ、これは当然と言えば当然です。

むしろ20代のうちからやりたい仕事に就いている人のほうが少ないかもしれません。

 

例えば、学生時代から好きなことややりたいことが定まっているとしましょう。

当然ながらその場合は、20代の時点でやりたい仕事に就ける可能性が高いです。

 

しかし、全ての人に「好きなこと・やりたいこと」があるとは限りません。

何かをしたいんだけど、これといって見当たらない…という人も多いでしょう。

 

特に10代のうちは、若さゆえに夢もコロコロ変わりやすく、いろいろ模索しがちです。

その状態のまま20代に突入すれば、やりたい仕事が見つからないままになるでしょう。

 

また、仮に興味のあることがあっても、それがとうてい叶いそうもない場合は諦めてしまいがちです。

例えばスポーツ選手や歌手など、一握りの人しか就けないであろう仕事だと、たとえ興味があっても「無理だ」となるでしょう。

 

しかし現実を見据えて就活したとしても、また問題が出てきます。

企業から落とされ、様々な会社や職業を探るうちに、「自分のやりたいことは一体なんなんだ?」と、どんどん深みにはまっていくのです。

そのため就活中も悩み・葛藤が生じやすいです。

 

このように、20代は「やりたい仕事が見つからない」という状況に陥りやすい時期と言えます。

そのため悩んだり苦しんだりするのは全くおかしなことではなく、むしろ当たり前なのです。

 

やりたい仕事に就くと得られるメリット

 

20代でやりたい仕事に就くのはなかなか難しいものです。

ただ、自分が「これだ!」と思える仕事に就けると、やはり様々なメリットがありますからね。

やりたい仕事ができればそれに越したことはないでしょう。

 

では、20代でやりたい仕事に就くとどんなメリットが得られるのでしょうか?

 

ストレス激減!人生が楽しくなる

 

基本的に、仕事をするのって大変ですよね。

本音を言えば、恐らく多くの人が「楽して稼ぎたいな」と思っているのではないでしょうか?

 

しかし実際はそんなオイシイ話など存在しません。

また楽そうに見える仕事でも、実際にやってみると案外大変なんてこともあります。

 

やはりお金をもらうわけですし、遊びじゃないですからね。

「100%楽しい」というのは現実的に難しいと言えるでしょう。

 

ただ、自分のやりたい仕事だとどうでしょうか?

 

もちろん仕事は仕事ですから、大変なことに変わりはありません。

いくらやりたい仕事でも、それなりにストレスは発生するでしょう。

しかし、やりたくない仕事よりも、ストレス度はグンと下がります!

 

それに多少辛くても、やりたいことができていると、充実感や達成感が得られます。

ストレスが少なくなり、充実感が得られれば、毎日が楽しくなります。

プライベートの時間を楽しむ余裕も生まれますから、なおさら毎日がキラキラと輝くでしょう。

 

やりたい仕事に就くことで、人生が格段に楽しくなる!

これは大きなメリットと言えますね。

 

迷いや不安を感じずに生きられる

 

やりたい仕事が見つからないままだと、事あるごとに迷いがちになります。

 

例えば一年が過ぎ去ろうとする時には「もう今年も終わりか…」と考え、本当に自分はこのままでいいんだろうかと迷います。

 

また自身の誕生日には「やりたいことが見つからないまま20代が終わるのだろうか…」と不安にもなります。

 

さらに友人・知人の就職や結婚など、周辺の人生が変化することでも、得も言われぬ迷い・不安・焦りが生じるでしょう。

 

しかし、やりたい仕事に就くと、余計な迷いや不安を感じないで済みます。

「自分にはこれがあるんだ」と思えば、ちょっとしたことで迷ったり不安になったりせず、常に堂々とかまえていられます。

 

もちろん人間ですから、時には迷い・不安が生じることはあるでしょう。

しかしやりたい仕事に就くと、そういった負の瞬間がグッと減るのは確かです。

 

早くスキルアップができる

 

やりたくない仕事をしていても、たいしてヤル気など起きません。

「とりあえずこれだけやっていればいいんでしょう」といった具合で、嫌々仕事に向かうハメになります。

これでは向上心など生まれませんし、スキルアップも望めません。

 

もちろん、全くスキルアップしないとは言いません。

続けていれば「慣れ」によって自ずと上達するでしょう。

しかし、嫌々やっている人と、ヤル気を持って励んでいる人とでは、上達スピードが違います!

 

また自分の興味があることだと、楽しみながら取り組めますからね。

楽しいというプラスの感情が伴うと、上達スピードはさらにアップします。

 

やりたい仕事に就くことで、意欲や楽しさが満ち溢れ、圧倒的なスピード感でどんどんスキルアップしていく…というわけです。

 

早い段階でのスキルアップが望めることも、やりたい仕事で得られるメリットのひとつです!

 

やりたい仕事の探し方

 

20代のうちにやりたい仕事を探すにはどうすればいいのか?

これはシンプルなようでいて案外難しい悩みと言えます。

 

そこでここでは、やりたい仕事の探し方をいくつかまとめてみました。

 

正社員にこだわらず働いてみる

 

「20代でやりたい仕事を探す」となった時、多くの方が正社員という形を望むのではないでしょうか?

 

確かに将来のことを考えれば、安定した正社員の道が一番と言えるでしょう。

しかし「正社員」という枠に囚われすぎていると、視野が狭くなってしまいます。

 

もしかしたら、あなたのやりたい仕事は、正社員ではない働き方の中に存在するかもしれません。

バイトや派遣など、正社員以外の働き方も視野に入れることで、やりたい仕事の発見率はアップします。

 

ましてや20代なら、なおさら様々な仕事にチャレンジしてみるべきです。

例えばこれが30代だったりすると「30代にもなって…」と言われがちですが、20代ならまだギリギリ許されます。

また「バイトや派遣から正社員雇用」というケースも無きにしも非ずです!

 

正社員にこだわらず、バイトでも派遣でもなんでも挑戦してみましょう。

20代という若さを活かしていろいろトライすれば、きっとやりたい仕事が見つかりますよ。

 

ボランティア活動をしてみる

 

やりたい仕事を探すためには、仕事と関係無い部分に目を向けることもポイントです。

そこでオススメなのがボランティア活動です。

 

ネットなどで探すと、様々なボランティア募集を見つけることができます。

物は試しで参加してみると、意外や意外、様々な発見や出会いに恵まれます。

性別・年齢・職種問わず、多くの人と出会うことができるため、視野がより一層広がります。

 

普通に生活をしていたら出会わないであろう人との出会い。

これは人生に大きな転機や気付きをもたらします。

ボランティア活動を通じて、思いもよらぬ嬉しい出会いや発見に恵まれれば、やりたい仕事も見つかるかもしれませんよ。

 

「やりたいこと」よりも「得意なこと」を考えてみる

 

当然ながら「やりたいこと」と「得意なこと」は違います。

 

たとえやりたいことがあっても、それが自分にとって不得意なことであれば、結果を出すのはなかなか難しいです。

そして結果が出ないと段々嫌気がさしてきて、最終的に「やりたくないこと」に変化してしまう恐れもあります。

 

しかし「得意なこと」だと、仕事として考えた時にはうまくいく可能性が高いです。

 

例えば接客業に興味があっても、愛想よく接することが苦手な場合、成果を出すのは厳しいでしょう。

それどころか「向いてないのでは?」と評価が下がる恐れもあります。

 

しかし「それほど興味津々ではないけれど、人と接するのは得意」という場合はどうでしょうか。

たとえ強い関心がなくても、得意な面を活かして仕事ができるわけですから、当然成果も出やすいです。

周りからも「天職だね!」なんて言われるかもしれません。

 

そのためやりたい仕事が見つからない場合は、「やりたいこと」ではなく「得意なこと」を考えてみてはいかがでしょうか?

 

遊ぶことも大事

 

「やりたい仕事がない」という悩みを考えるあまり、普段の生活が味気ないものになっていませんか?

 

もちろん真剣度が高ければ、その分悩み考えてしまうのは当然でしょう。

しかしそんな時には、あえて遊んでみるのもひとつです。

仕事以外の経験から、何かを得られることもありますからね。

 

20代でやりたい仕事がないと嘆く人の中には、遊ぶことを知らない人も多いです。

10代の頃から勉強ばかりで、周りに合わせたり、親の言うことをひたすら聞いたり…

いわば自分の気持ちや意志などほとんど無い状態ですね。

 

そんな風に全く遊ばないまま過ごしてしまうと、やりたいことを考える余裕など到底出てきません。

 

もちろん、真面目に頑張ることはいいことです。

ただそれも度が過ぎると、自分の可能性を摘み取ってしまうことになりかねません。

 

ましてや「周りに合わせて」「誰かに言われて」なんていうのは、自分の意思を無視した状態です。

主体性を失くしてしまうと、自分で考え選択する能力が伸びにくくなります。

すると結果的に、「やりたいことがわからない…」という状態になってしまうのです。

 

そのため、やりたい仕事を見つけるためには、遊ぶことも大切なのです。

 

また遊びを極めることで、それがやりたい仕事に繋がる可能性もあります。

 

例えばネットが好きでしょっちゅうパソコンに触れている、これも本人にとっては遊びの一種ですよね。

しかしこうした遊びをトコトン極めたらどうでしょうか?

自然と「IT系の仕事って面白そうだな…」と興味を持てるかもしれませんよね。

 

ひとまずバイトでもしつつ、いろいろ遊んで経験を積む!

20代でやりたい仕事を見つけたいなら、こうした過ごし方も十分アリですよ。

 

転職エージェントで客観的な意見をもらうのも良し

 

どうしても自分のやりたい仕事が見つからない!という場合は、転職エージェントを使ってみるのもひとつです。

 

転職エージェントを利用すれば、客観的な意見やアドバイスをもらうことができます。

プロからの助言があると、自分が何に向いているのか?自分は何がしたいのか?という点がより明確になります。

また、一般では公開されていない求人も紹介してもらえるので、仕事の選択肢がさらに広がります!

 

もちろん最終的には、自分の感覚や考えが一番大切です。

が、プロからの客観性あるアドバイスは、迷えるあなたに光をもたらしてくれるでしょう。

もう行き詰まってどうにもならない…という時には、転職エージェントの利用をオススメします!

 

まとめ

 

やりたい仕事がないと、どうしても焦りを感じてしまうものです。

 

しかしまだ20代なのですから、必要以上に不安を覚えることはありません。

様々な経験を積みながら、じっくり焦らず、それでいてしっかりと、自分のやりたい仕事を見つけてください。

自分にぴったりハマる仕事と出会えれば、これから迎える30代・40代がきっと素晴らしいものになりますよ。

-就職活動中の悩み, 20代の転職

Copyright© ジョブリン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.