20代から30代のための仕事相談所

ジョブリン

20代の転職

20代で転職する時は資格で有利になる?オススメの資格を男女別に紹介

更新日:

こんにちは。ジョブリンを運営している丸井と申します。

 

20代で転職しようとしていて気になるのが資格です。

資格はあって困るものではありませんが資格が全てではありません。

 

確かに企業側としては深い専門知識を持っている人材を採用したいものです。

でも資格って仕事内容の延長線上にあるものなんですよね。

 

今回は転職に資格は必要なのか、おすすめの資格は何なのかについてお話していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

→資格なしでも仕事を探せる「就職Shop」

転職する時に資格は有利になるのか

実際に転職する時に資格が有利になるかというと一概に有利になるとは言えません。

特に20代の場合、企業側が求めているのはやる気や元気、将来のポテンシャルです。

「この仕事がやりたい、その中でこの資格を持っているから結果を出せる」と面接官に言えばほぼ採用になること間違いなしです。

 

資格が足かせになる場合もある

逆に業種に関係ない資格を取ってしまうと面接のときに印象が悪くなってしまうこともあります。

例えば営業職に就職したいのに調理師の免許を持っていても意味がありません。面接官は調理師の免許を持っているならなぜそちらへ就職しないんですか?と言われてしまうかもしれません。

無駄に資格を持っていても仕方ありません。

 

資格を取ることが目的になってしまうのはNG

転職活動において資格を取ることが目的ではありません。

資格をとって転職先で活かすことが最も重要です。

企業側としても資格を持っている人を必要としていない場合も多いです。

 

ここでDODAが発表しているデータをご覧下さい。

 

資格の有無は問わないの灰色がほとんどの割合を占めています。

医療や建築系は何かしらの資格が必要になってくるのは周知の事実です。建築土木系は車の免許は必須でしょう。

それ以外の職種はほとんど資格の有無は問わないと結果が出ています。

 

この結果が示しているとおり資格はそれほど重要視されていないということがわかります。

→資格なしでも仕事を探せる「就職Shop」

20代におすすめの資格【男女別に紹介】

資格が重要視されていないことがわかりました。

でも実際に自分がやりたいことがはっきりしていない人はたくさんいます。

しかも転職を考えているのに全く動かないのは嫌だって人のために必要とされているオススメの資格を男女別に紹介します。

 

男性にお勧めの資格

日商簿記検定2級

企業のお金の出し入れの流れを把握して適切な予算を把握し財政状態と経営成績を関係者にわかるようにするのが簿記です。

3級は基本的な仕組みまでしか勉強しませんが2級は高度な計算や整理を行うことが出来るようになります。

経理担当だけでなく営業職にも役に立つ資格です。

 

ちなみに1級を持っていると会社法などの勉強もして経営に口を出せるほどになります。会計士や税理士とも対等に話が出来ます。

 

受験料

1級 7,710円

2級 4,630円

3級 2,800円

 

電気主任技術者第1種

発電所、変電所、工場、ビルなどの電気設備や配線などの保安作業を行うことが出来ます。

電気設備を持っている事業者だと法令で決められているため、必ず電気主任技術者がいます。

つまり工場には必ず一人はいないといけないことになります。

工場やビルはどこにでもあります。手に職になりますので職に困ることはなくなるでしょう。

ただし合格率10~20%という狭き門というデメリットもあります。

 

受験料

第1種 12,400円

 

普通自動車免許第1種

普通自動車免許はどの職業にも求められている資格です。

建築土木から営業、販売、技術系と幅広く求められています。

ただ普通免許は持っていない人のほうが少ない資格です。転職を有利に進めるという意味では適していないかもしれません。

また他の資格よりも受験料も高額になります。

 

受験料

約30万円

 

女性

女性は出産や結婚などで転職する機会が男性よりも多くなります。

そのため、資格を取っておくことで一旦会社を辞めたとしてもスムーズに仕事を探すことが出来るようになります。

 

看護師

女性の資格では代表格ですね。ただ働きながら看護師の資格は取るのはほぼ無理でしょう。

2年間看護学校に通って准看護士を取得し看護専門学校に3年間通う必要があります。

転職する時に持っておくと有利になる資格として看護師は外せません。

 

看護学校に2年通えば准看護士の資格は取れます。准看護士は人気が上がってきていて30代、40代でも取得を目指す人が多くなってきています。

20代ならなおさら良いでしょう。准看護士でも平均給料は約29万円です。

時間が取れる人には准看護士もオススメです。

 

授業料

約150万円~

 

受験料

6,900円

 

介護福祉士

介護福祉士は国家資格です。実務経験が3年以上と取得ハードルが高いものの需要は大きいです。

特に女性の働き手が多いため働きやすい環境にあるのも特徴です。

平均年収が250万円~と若干低いですが生涯働くことが出来ます。出産などで一時的に離れたとしてもすぐに介護職に戻ることが出来ます。

さらに今後は国が介護士の給料を上げると明言していますので年収アップの期待をすることも出来るでしょう。

 

受験料

15,300円

 

保育士

女性が生涯働ける職業としても保育士が挙げられます。比較的看護師や介護福祉士よりも取得しやすい資格ですので20代でも取得を目指す人は多いです。

こちらも女性が多く活躍する職場です。平均年収も約326万円ほど貰えますので子どもが好きな人にお勧めできます。

 

受験料

12,950円

 

資格を取ることで一生、仕事には困らない

上記のような資格を取れば仕事に困ることはほとんどなくなります。

転職する時でも、出産で会社を一旦辞めた時でも有利になります。やはり自分の専門性を高めるということが重要になりますね。

特に女性の場合は出産で一時的に会社から離れなければならないタイミングが出てきます。

20代なら結婚はしていない人のほうが多いはずです。

一生仕事に困らないように資格を取る必要性もあります。

 

資格は通過点でしかない

最も重要なことは企業に役に立つ人間であることです。

サービスを継続するための知識や成績を上げて売り上げを伸ばすスキル、これらを磨くことが重要です。

転職に関して言えば資格は重要ではありません。一生働ける仕事を探しているなどの理由がなければ、結果を出すための通過点だということを認識しておきましょう。

→資格なしでも仕事を探せる「就職Shop」

-20代の転職

Copyright© ジョブリン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.