20代から30代のための仕事相談所

ジョブリン

未分類

20代後半女性が30歳までに転職して成功させる方法

投稿日:

新卒で入社した企業で勤務し早数年。

「もっと給与や待遇の良い会社に行きたい」「新しい業界・職種にチャレンジしてみたい」「ライフワークバランスの取れた働き方がしたい」「企業風土が合わないので他の会社も見てみたい」・・・などの様々な理由で、新入社員の時代には頭になかった「転職」のキーワードが頭をかすめる人も少なくないはず。

この記事では、現在転職するかどうか迷っている20代後半の女性向けに、転職するべきタイミングや心構え、転職活動を成功させるための秘訣をお伝えしたいと思います。

→20代後半女性におすすめ「リクルートエージェント」



20代後半は最もニーズがある世代

まず下記の統計をご覧ください。

これは、厚生労働省が発表した一般職業紹介状況です。

 

有効求人倍率

参照 厚生労働省

左側の折れ線グラフが、平成17年度~29年度の有効求人倍率を年度別で示したものであり、右側の折れ線グラフが、平成29年4月~平成30年4月までの1年間の有効求人倍率を月別で示したものです。

こちらを見ていただければ分かるとおり、ここ約10年は有効求人倍率が年々上昇し、平成30年4月は1.59倍を記録しています。

 

これは、転職者にとって企業や仕事の選択肢が多い「売り手市場」であることが言えます。

そう、今はまさに「売り手市場」であり企業側が人材を欲している状態ため、転職しやすいタイミングなのです。

 

その中でも特に20代後半は、企業側からのニーズが強く、求職者にとっても転職を成功させやすい年代です。

それはなぜでしょうか。

 

・社会人としての基礎やビジネスマナーが備わっている

・即戦力が期待できる

・企業の中枢を担うポジションの候補者にもなる

 

これらは性別に関係なく、女性にも同じことが言えます。

今や日本の「寿退社」や「専業主婦」は夢のまた夢の時代。

たとえ結婚しても子供ができても、夫婦ともに共働きすることが当たり前になっています。

例え専業主婦になり仕事を辞めてしまったとしても、離婚率30%の今、人生いつが起こるか分かりませんよね。

 

だからこそ、記事冒頭のように現職に不満を抱えている20代後半の女性のみなさんには、自分のライフプランをしっかり見つめた上で、転職が、より良い人生を送るための最適な選択になり得るかもしれないことを強くお伝えします。

 

30歳までに転職することのメリット

では、いつの転職がベストタイミングなのでしょうか。それは、「30歳まで」です。

理由は下記のとおりです。

 

大きな実績やマネジメント経験がなくても転職できる

30代、40代以上になると、これまで携わってきたプロジェクトでの大きな成功体験や、マネージャー経験の有無が問われます。

特に新しい職場では、ゆくゆくは部下や後輩を指導する立場での採用が前提となるわけですから、マネージャー経験は特に必要な要素と言えるでしょう。

 

違う業界や職種にチャレンジできる最後のチャンス

前述のとおり、30代以上の年代の転職に比べ、前職での実績や経験をそれほど強く求められることはないので、これまで経験したことのない業種や職種にチャレンジできる最後のチャンスなのです。

 

適応力は年齢とともに下がる

一般的に、環境の変化に対応できる能力(=適応力)は、年齢とともに下がっていくものです。

年齢を重ねれば重ねるほど、環境に慣れることに苦労したり、自身の考えや習慣が凝り固まってしまっています。

企業側としても、適応力が高く生産性の高そうな求職者を優先的に採用したいという考えを持っています。

→20代後半女性におすすめ「リクルートエージェント」



失敗してしまう転職の特徴

転職活動は、新卒時の就職活動とは全く違ったアプローチが必要です。

新卒時では、大学3年の後半から一斉に動きが活発になり、大学4年の春頃に選考が始まったり内定が出揃ったり、ある程度決まったスケジュールの中で動きます。

しかし転職活動は、そういったスケジュールがなく合同説明会や会社説明会の機会も圧倒的に少ないため、自身でどのように情報収集して動くかがポイントとなります。

それではまず、失敗してしまう転職の特徴から見ていきましょう。

 

そもそもの転職の目的を間違えない

転職に至る理由は人によって様々ですが、転職する目的を見失わないことが大切です。

転職活動する目的は、「現職を辞める」ことではなく「より良い職場環境で働くこと」ですよね。

「辞めたい」という目先のことだけにとらわれて、焦って転職先を決めてしまわないようにしましょう。

同じ過ちを繰り返さないためにも、転職先の情報収集をしっかり行った上で、そこで働く自分は幸せになれるのか、吟味することが必要です。

 

一定の勤務条件しか見ない

「給与を上げたい」「残業を減らしたい」「やりがいが欲しい」など、現職でマイナス要因が改善できるかだけを見て転職することは危険です。

給与は上がったけれど残業が多くて体を壊してしまった、残業時間は少なくなったけれど給与が低すぎて生活できない、といったような新たなマイナス要因を増やすことのないよう、勤務条件は全体的に確認しましょう。

特に女性は、これから妊娠や出産などの大イベントを予定している方も多いと思います。

育児との両立はできそうか、ワーキングママを受け入れる体制はありそうかなど女性特有の目線で企業選びすることも大切です。

 

転職を成功させるには

それでは逆に、効率的の良い転職活動の結果、転職を成功させるにはどのような方法がいちばん良いのでしょうか?

それは、転職エージェントを活用することです。

求職者は無料で利用することができます。

大きな特徴としては、企業側が少人数を厳選して採用した場合に使われる「非公開求人」を取り扱っているため、優良企業を紹介してもらえるチャンスがあります。

そして選考を受けたい企業が決まった場合は、面接日程調整などのスケジュール管理を行ってくれるだけではなく、採用が決まった際には勤務条件の交渉や入社時期についても調整してもらうことが可能です。

また、履歴書や職務経歴書の書き方をはじめとした、転職について相談できる人がいるのも大きなメリットでしょう。

転職エージェントにはそれぞれ強みがあります。

転職初心者向けセミナーや選考アプリなどの独自サービスが充実しているエージェント、地域に企業特性を把握し強いコネクションを持ったエージェント、企業からのスカウトメールやオファーメールも受け取れるエージェントなど数多くのエージェントがありますので、複数利用しながら自分に合ったエージェントを探しましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、20代後半の女性が転職するときにベストなタイミングや心構え、成功させるための秘訣についてお伝えしました。

自身の人生をより輝かせるために、良い職場と出会い充実した働き方ができるように参考になさってください。

→20代後半女性におすすめ「リクルートエージェント」



-未分類

Copyright© ジョブリン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.