20代から30代のための仕事相談所

ジョブリン

20代の転職 30代の転職

転職をする年齢「20代後半と30代前半」では何が違う?能力の差?

更新日:

転職を考えている20代後半の人に向けて30代前半になってしまうと何が違うのかを書いていきます。

実際、転職をする最後のタイミングとなり得るのが20代後半から30代前半です。

 

→長く続けられる仕事を探すなら「就職Shop」

転職する時の年齢によって求められるスキルが違う

転職する年代によって求められるスキルは異なります。求められているスキルの本質は簡単です。

 

20代なら将来性、やる気などの秘めているポテンシャル

30代だと即戦力としての成功

 

ここが20代と30代の大きな違いです。企業側としても20代は若く、給料も安く抑えられるため積極的に採用したいと考えていることが多いです。

30代になると給料的にも高いため社会経験、専門知識が豊富な即戦力が求められる傾向にあります。

 

20代後半で転職する時に求められること

20代後半となると企業によっては将来性よりも即戦力としての可能性も求められます。

転職を考えているなら前の会社でこんなことで結果を出しています。御社でも結果を出せますとアピールするのが良いでしょう。

 

30代前半で転職する時に求められること

30代前半は即戦力であることに加えて、専門的な知識、管理者としての能力も求められる年代です。

転職するなら即戦力として働ける会社のほうが良いでしょう。

未経験の会社に入社しようとすると給料が下がってしまう傾向が多いのもこの年代の特徴です。

 

35歳で転職限界説は本当か?

30代前半で35歳に近づいている人にとっては35歳は鬼門だと考えている人が多いです。

これは本当のことだと考えています。

でも実際には転職先はいくらでもあります。35歳で限界なんて説はもう古いです。

ただし、注意点があります。

 

35歳となると社会的な地位や家族、生活水準、これらの水準は高くなってきている年代です。家族がいるなら生活水準を落とすことは難しいでしょうし、役職についているならある程度の収入は確保できているでしょう。

大手企業の募集に35歳で応募するとなると相当きついです。今の年収や役職をキープするとなるとさらにきつくなります。

転職を考えているなら20代後半~遅くても30代前半にはしたほうが良いというのが現状です。

 

20代後半から30代で転職すると先輩が年下になってしまうことが多い

転職してキツイと感じるのが年下の先輩が出来てしまうことです。

年下の先輩だと敬語を使うか使わないかで悩みませんか?私は敬語を使うようにしています。もちろん先輩を立てるためです。

仲良くなって良い関係を築ければ敬語を使わなくても良いでしょう。しかし、すぐに敬語を使わないというのはやめたほうが良いと思います。

プライドの高い人は最初から敬語を使わないって人もいますが相手には失礼に感じ取られて仕事を教えてくれなくなってしまうケースもありますので注意が必要です。

 

→長く続けられる仕事を探すなら「就職Shop」

転職を考えているなら早めの方が良い

結論的に言えば転職を考えているなら早めの方が良いです。

退職金や給料的にも早めのほうが多く貰えます。退職金は長く勤めれば勤めるだけ高くなります。

総合的にみて転職を考えているなら早めが良いでしょう。まずは転職エージェントに相談してみて下さい。

リクルートエージェント就職Shopなどのエージェントは無料で登録できて転職相談できます。

 

転職に時にアピールするポイント

年齢によってアピールするポイントは異なります。

 

20代後半の場合

企業側が求めているのは若さと社会経験、ポテンシャルです。

新卒ではない以上、社会経験はそこそこありますよね。基本的な社会人としての知識は持っていると考えています。

今までの社会経験とこれからのポテンシャルをアピールしましょう。前の会社での実績があればなお良いですね。

 

30代前半の場合

企業側が求めているのは専門的な知識と成功経験です。

20代とは違い社会経験だけがあるというだけでは採用してくれません。

前の会社での成功経験や深い知識、管理能力などをアピールしましょう。

さらに言えば30代となると年下の先輩などと良いコミュニケーションを取れるのかも見ています。

柔軟に対応できる能力もあるとアピールできればなお良しです。

 

企業側は20代後半を求めている

最近は転職することが当たり前になっています。そのため企業としても採用者が一定の人数は辞めてしまうことをわかっています。

そのため、長く働いてもらいたいと考えている企業は20代後半を採用します。

私の会社でも人事はこう考えており、直近で採用された人は28歳でした。未経験だとしても長く働けることをアピールするだけでも採用が決定することがあります。

 

転職を繰り返さないことが最も大切

最後になりますが転職を繰り返さないことが最も大切です。

キャリアを重ねて成功経験を積み重ねていくうえで転職回数が増える分には素晴らしいことです。結果として成功を手にしています。

しかし、仕事や会社が合わない、人間関係で辞めたいと考えて転職してしまう人は、また転職を繰り返してしまう可能性があります。

なんとなく転職は避けて覚悟を決めて転職することも大切ですね。

 

→長く続けられる仕事を探すなら「就職Shop」

-20代の転職, 30代の転職

Copyright© ジョブリン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.